山本舞香、生合唱に感激!

写真拡大

第28回東京国際映画祭パノラマ部門に選出された『桜ノ雨』(2016年3月公開)の生合唱イベントが10月30日に六本木ヒルズアリーナで開催され、山本舞香、広田亮平、久松郁実、原作・原案のhalyosy、ウエダアツシ監督が登壇。歌唱中、感極まった山本が涙をこぼした。

【写真を見る】『桜ノ雨』の合唱イベントが開催!山本舞香がセーラー服姿で登場した

ボーカロイド楽曲で火がつき、中学校・高校卒業式の定番ソングになった「桜ノ雨」を実写映画化し、合唱部を舞台にした青春群像劇が描かれる本作。劇中と同じくセーラー服姿で登場した山本は、「『桜ノ雨』を最初から最後まで歌うと、自然と涙が出てくるんですよ。本当にいい歌なんです!」と曲の素晴らしさにほれぼれ。「こういうこともあったなと思えるから、小学生も中学生も高校生も卒業式に絶対に歌ってほしいです」と熱烈にアピールした。

さらに山本が「“机の上に書いた落書き”とか、みんな絶対にやっている」と歌詞と自身をの思い出を重ねると、広田も「当たり前に過ごしていたことが、こういう曲を聴くと特別な時間だったんだなと思えた」、久松も「映画の撮影も、みんなで沼津で2週間過ごしたので、そういうことも楽しくて高校生に戻れたようだった」と、それぞれにとって「桜ノ雨」が特別な歌となった様子だ。

ウエダ監督は「普通はセリフでカットを割るところを、今回は曲の譜面を開いて、譜面上でカット割りをしていった」と音楽映画ならではの苦労を告白。「田舎の普通の合唱部という設定だけれど、高校の合唱だからそこそこ難しいことをやっているだろうと思って。彼らには2か月くらい歌の練習をしてもらって、高校生の合唱部の方々が見ても恥ずかしくない映画にしたかった」とこだわりを語っていた。

また最後には、キャストと劇中の合唱部員、総勢40名で「桜ノ雨」を合唱。歌唱途中には、山本が思わず涙をこぼす一幕も。必死に涙をぬぐい、最後まで歌い切るとはにかんだような笑顔を浮かべた。爽やかかつ、力強い合唱に会場からも温かな拍手が送られていた。【取材・文/成田おり枝】