画集「ナプキンアート・オブ・ティム・バートン」は12月4日発売 (C)Leah Gallo

写真拡大

 「シザーハンズ」「フランケンウィニー」など独特の世界観で多くのファンを魅了する、奇才ティム・バートンの画集「ナプキンアート・オブ・ティム・バートン」の発売が決定した。

 映画の撮影やプロモーションツアー、自身の美術展などで世界中を飛び回るバートンは、旅先で沸き起こったインスピレーションや感情、思い出を、身近にある“カンバス”――紙ナプキンにスケッチとして記録してきた。そんな“ナプキンアート”を凝縮した一冊が、昨年から今年にかけて東京と大阪で約39万人を動員した美術展「ティム・バートンの世界」の同名オリジナルアートブックの姉妹編として出版される。

 画集第2弾となる本書では、美術展で展示された作品から未公開作まで、厳選されたナプキンアートを140ページにわたり原寸サイズで収録。映画監督としてだけでなく、アーティストとしてもその個性が愛されている奇才の頭の中を、のぞき見できる一冊となっている。

 「ナプキンアート・オブ・ティム・バートン」(税込み3000円)は、バートン監督が拠点とする英国での発売に先駆け、12月4日からヴィレッジヴァンガードで独占販売。10月30日からオンラインサイトと一部店舗で予約が開始される。