人気アイドル・高部あい薬物逮捕であのジャニーズメンバーが悲惨な状況に!?

写真拡大

 アイドルであり女優の高部あいが10月15日、薬物所持で逮捕されていたことが明らかになった。これを受け、高部は芸能事務所「オスカープロモーション」を契約解除された。

「10月の半ば、所属事務所のHPから高部のプロフィールが突如削除されたため、ファンの間では心配する声が広がっていました。彼女はオスカープロモーション所属メンバーで結成されたアイドルグループ『美少女クラブ31』で活躍後、グラビア、女優、声優など幅広く活動し、熱狂的なファンも多かった。やはり清純派として売り出していたため、今回、薬物で逮捕という報道は、ファンにとって相当な衝撃だったようです」(芸能記者)

 そんな高部は近年、数多くのテレビドラマに出演。2014年は沢村一樹主演「ブラック・プレジデント」(フジテレビ系)、今年も「水戸黄門 スペシャル」(TBS系)や「婚活刑事」(日本テレビ系)、また「京都人情捜査ファイル」(テレビ朝日系)では主要キャストとして名を連ねていた。

 そしてこの秋も、人気ジャニーズメンバーが主演を務めるテレビドラマに出演しているのだという。

「高部が出演することになっていたドラマは、この秋からスタートした関ジャニ∞錦戸亮が主演を務める『サムライせんせい』(テレビ朝日系)です。彼女の登場回はまだ放送されていませんが、すでにいくつものシーンが撮影済みなのだとか。それが全カットとなるわけですから、編集作業や脚本変更に悪影響が出れば、ドラマの内容がグダグダとなる可能性もある。錦戸といえば、昨年、主演を務めた『ごめんね青春!』(TBS系)が最終回で視聴率5.8%を記録するなど悲惨な結果を残しています。それだけに今回のドラマは、リベンジとばかりに相当な気合いの入れようだったそうですが、高部の逮捕によって思わぬとばっちりを受けることとなりました」(前出・芸能記者)

 過去にも芸能人の逮捕によって、数々のテレビ番組がお蔵入りなどの事態を招いてきた。今回、高部が「サムライせんせい」のメインキャストでなかったことは、錦戸にとってせめてもの救いだったかもしれない。

(森嶋時生)