動物や昆虫たちの生殖行為にびっくり!

写真拡大

第28回東京国際映画祭パノラマ部門作品『イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ』の舞台挨拶が10月29日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、吹替えを務めた女優・藤原紀香が登壇。「子どもたちへの性教育においても、命の神秘、深さを伝えられる作品」と笑顔で語った。

【写真を見る】真っ白のドレスから大胆に美脚をのぞかせた藤原紀香

「グリーン・ポルノ」は、女優イザベラ・ロッセリーニが「生物の生殖」を表現したショートフィルム・シリーズ。本作は、そのショートフィルムをもとにした舞台に密着し、イザベラの半生や「グリーン・ポルノ」製作のいきさつを紐解くドキュメンタリーだ。

本作で描かれる「命の神秘に感動した」という藤原。「人間世界で生きていると、人間が一番進化しているように思えるのですが、動物の生殖機能は驚くほど素晴らしい。いろいろな発見があった」と新たな世界を知るきっかけともなったようだ。

アフレコは集中して臨んだそうで、「気づいたら11時間ぶっ通しで立っていて。終わったときは抜け殻のような状態でした」とにっこり。その後行われた囲み会見にも出席したが、その集中力について「本当にやりがいのあるもの。夢中でやっていました。声のお仕事が大好きで、ノッていたんですね」と話していた。

また、本作のサブタイトルは「SEXは命がけ」という大胆なもの。藤原は「女王蜂とオスの蜂の交尾では、オスの蜂は死んでしまう。蜘蛛はメスの方が大きくてドーンとしているので、オスが生殖行為をしようと近づくと、ハエと間違えて食べられてしまうこともある。命がけでメスに近づいて、生殖行為が終わってすぐ逃げるんです。本当に面白い」と昆虫たちの命がけの生殖行為に驚くことしきり。

「人間は男性、女性とわかれているけれど、動物や昆虫たちはどちらかわからないものもたくさん存在する。そういう意味でも今の時代に合っている。多種多様な世界に魅せられました」と現代の人間社会にも通ずるテーマが込められていると語った藤原。記者から「体で動物を表現するというのは、歌舞伎と似ていませんか?」とゴールイン目前とされる歌舞伎俳優の片岡愛之助を想起させる質問も飛んだが、藤原は「あはは!」と苦笑い。関係者から「所定の時間になりました」とストップが入ると、「番組のことをよろしくお願いします。さようなら」と爽やかな笑顔を残し、会場を後にしていた。

『イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ』は、WOWOWで11月7日放送予定。【取材・文/成田おり枝】