最高峰での撮影はキャスト陣にとっても困難の連続だった (c) Universal Pictures

写真拡大

 世界最高峰エベレストを舞台に、1996年に起こった実話を描くサバイバルドラマ「エベレスト3D」の特別映像が公開された。実際にエベレストで行われた撮影の舞台裏に迫る内容となっている。

 映画は、ベテラン登山家ロブ(ジェイソン・クラーク)率いるエベレスト登頂ツアーに参加した登山家たちが、さまざまなアクシデントに見舞われながら登頂を試みるも、巨大な嵐が接近。個々が命の危険にさらされるなか、帰還しようともがくさまをダイナミックな映像と共に描く。

 クラークは、撮影を振り返り「大変だったよ。現地の厳しい天候下で撮ったからね。実際の山中での撮影は困難を極めた」としみじみ。ツアー参加者・ベック役のジョシュ・ブローリンも「体を慣らす前に高所に登るのは危険だ。高山病にかかると自分の名前も言えなくなる」と実際にスタッフの1人がかかったというその恐ろしさを語る。一方、当事者の1人であり、本作では登山アドバイザーを務めたガイ・コターは、「山を征服することはできない。風も雪も受け入れるしかない。能力、強さ、酸素の量など登山の経験があらゆる場面で試される」と経験者ゆえの重みあるコメントで山の過酷さを解説した。映像ではキャストが実際に雪で覆われた急な斜面を登る様子や、吹雪に見舞われる姿が映し出され、心身ともにタフな撮影だったことがうかがえる。

 なお、エベレストでの撮影では、毎日のようにヘリコプターで機材や食料を運び、シーンごとに俳優も移動する方式をとった。ロブのライバル登山家・スコットを演じたジェイク・ギレンホールは「毎日クルーと機材を運び上げるのだから、本当に苦労したと思う」とスタッフの労をねぎらいつつ、「圧巻の光景だよ」と銀世界の中をヘリコプターが縫っていくさまを評した。

 「エベレスト3D」は、ジョン・ホークス、ロビン・ライト、エミリー・ワトソン、キーラ・ナイトレイ、サム・ワーシントン、森尚子らが脇を固める。メガホンをとるのは、「2ガンズ」(13)のバルタザール・コルマウクル監督。11月6日から全国公開。