淡いブルーのロングドレスを着て『007 スペクター』のプレミアに登場したキャサリン妃/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

キャサリン妃が、ジョージ王子、シャーロット王女と出産を重ねるごとに、どんどんきわどいファッションを好むようになっていると専門家が指摘している。

【写真を見る】Vネックのドレープ入りのデザインの胸元はノーブラ論争が巻き起こるほど/写真:SPLASH/アフロ

先日ロンドンで行われた『007 スペクター』(日本12月4日公開)のワールドプレミアでキャサリン妃は、今年3度目となる御用達デザイナー、ジェニー・パッカムの淡いブルーのロングドレスを着てレッドカーペットを歩いた。

Vネックのドレープ入りのデザインの胸元はノーブラ論争が巻き起こるほどで、背中が開いたデザインといい、これまでになくきわどいデザインは、セクシーなボンドガールを差し置いて大いに話題となった。

常に厳しい視線にさらされているキャサリン妃だけに、今回は「やせすぎ論」や「ブラを付けるべき」といったものから「アイラナーが濃すぎる」「白髪をどうにかするべき」といった非難もあった一方で、今回のファッションについて専門家は、キャサリン妃の自信の表れだと分析している。

「キャサリン妃は、子供を出産するたびに大胆かつきわどいファッションにチャレンジするようになっています。特に今回のドレスは、ファッションセンスに対する自信の表れだと言えます。子供を持つ母親として、またプリンセスとしての役割に満足していることの象徴と言えるでしょう」と、デイリー・メール紙が過去のドレスを紹介している。【NY在住/JUNKO】