油絵風のキーアートも解禁 (C) Netflix. All Rights Reserved.

写真拡大

 アメリカ発のインターネット映像配信サービス「Netflix」が「デアデビル」に続くマーベルコミックを原作にしたオリジナルドラマとして、「ジェシカ・ジョーンズ」を11月20日から全世界同時配信することが明らかになった。

 本作の主人公は、かつてスーパーヒーローとして任務をこなしていたが、ある事件に巻き込まれ、私立探偵として人生を再スタートさせたジェシカ・ジョーンズ(クリステン・リッター)。米ニューヨークで活動する“元ヒーロー”ジョーンズがさまざまな事件に挑むなかで、巨悪に挑んでいくさまをサスペンスフルに描く。人気ドラマ「ブレイキング・バッド」のジェーン役で人気を博し、「ビッグ・アイズ」(2014)にも出演したリッターが、タフなヒロインを体当たりで演じている。また、今回の発表に合わせ、ポスタービジュアルも解禁。油絵風に描かれたジェシカ・ジョーンズが目を引くデザインとなっている。

 Netflixでは、「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」に続き、マーベルコミック原作の「ルーク・ケイジ(原題)」「アイアン・フィスト(原題)」の計4作品を製作する。さらに、それぞれの主人公が集結するミニシリーズ「ザ・ディフェンダーズ」も予定している。

 「ジェシカ・ジョーンズ」は、11月20日からNetflixで配信開始。