今週は牡馬クラシック最終戦のGI菊花賞(10月25日/京都・芝3000m)が行なわれる。近年は長距離戦離れが進み、このレースを回避する有力馬も少なくないが、過去4年の勝ち馬のうち、オルフェーヴル、ゴールドシップ、エピファネイアの3頭がその後もGIを勝利しており、重要なレースであることに変わりはない。

 菊花賞といえば、以前はスタミナの有無が大きなポイントだったのだが、近年の長距離戦はかなり様子が変わってきており、"折り合い"と"瞬発力"が重要な要素になっている。とはいえ、短距離血統の馬がなかなか勝てないように血統にはある程度の限界もあり、現在でも長距離向きの種牡馬は存在している。菊花賞はそういった種牡馬を狙う絶好の機会なのである。

 ここ20年くらいの間ではリアルシャダイ、ダンスインザダーク、ステイゴールド、ハーツクライなどが、菊花賞や天皇賞・春などの長距離戦で注目される血統となっているが、筆者が新たにこの路線の注目種牡馬として抜擢したいのはハービンジャーだ。現役時代はイギリスGIのキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(芝約2400m)で11馬身差という歴史的大勝を収めた名馬。引退後種牡馬となり、初年度産駒は現3歳を迎えている。つまり、産駒が菊花賞に出走するのは今年が初めてなのである。

 ハービンジャー産駒の成績を見ると、10月12日現在の芝69勝中、約83%を占める57勝が1800m以上での勝利。種牡馬成績トップのディープインパクトの約62%と比較しても、その数字がいかに偏ったものかが伺える。実際、産駒の多くが3歳夏から秋にかけて本格化を見せており、今年の菊花賞には3頭がエントリー(神戸新聞杯3着のトーセンバジルは出走権を持つが回避)してきた。春のクラシック(皐月賞、ダービー)ではベルーフが皐月賞に出走しただけだった。

 ハービンジャー自身も、3歳4月の遅いデビューで、4歳時に重賞4連勝で"キングジョージ"を制した遅咲きタイプだった。まさに、菊花賞こそハービンジャー産駒の本領発揮の舞台となるはずだ。

 そのハービンジャー産駒の中でも筆者最大の注目馬はマッサビエル。祖母はオークスなどGI5勝のメジロドーベルで、今年のGI安田記念を勝ったモーリスとも同じ、メジロボサツに辿り着く牝系という良血馬。ステイヤーの名馬が多い"メジロ血統"の馬にはメジロデュレン(1986年)、メジロマックイーン(1990年)と2頭の菊花賞馬がおり、本馬もそれに続きたい。GII神戸新聞杯(9月27日/阪神・芝2400m)では13着と大敗したが、ひと叩きしての上積みが期待できる。

 ベルーフは今のところハービンジャー産駒唯一の重賞ウイナー。2歳時に新馬勝ちし、今年1月のGIII京成杯で重賞制覇を飾るなど早い時期から活躍を見せてきた。皐月賞では12着と大敗したが、この夏から秋にかけ、GIII小倉記念(8月9日/小倉・芝2000m)2着、GIIセントライト記念(9月21日/中山・芝2200m)5着と巻き返し、復調気配を見せている。母の全兄はあの名馬ステイゴールド。種牡馬としてオルフェーヴル、ゴールドシップと2頭の菊花賞馬を出しており、菊花賞はピッタリの配合馬だ。

 スティーグリッツは中山芝2500mの1000万下特別・九十九里特別(9月26日)を快勝しての参戦。母の兄にセントライト記念のキングストレイルがいて、牝系にはタイキシャトルやシンコウラブリイなどの名馬が名を連ねる。マイラーの多い一族ではあるが、英オークス馬ブルーウィンドやアルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)を勝ったタイキエルドラドなどもいるように、種牡馬によっては中長距離タイプも出している。

 以上、今年の菊花賞はハービンジャー産駒3頭を中心に狙っていきたい。

平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki