“険悪な夫婦仲は”2つのワザで回復できる! 円満の秘訣「リペアアテンプト」とは

写真拡大

一度結婚したら、もちろんカンタンに離婚しようとは考えませんよね。愛するひとと一緒になったのですから、この愛が永遠であるようにと願っているのでは。
しかし、現実には別々の道を歩み出す男女もいます。

いつの間にか消えている、夫婦関係の“うるおい”を逃さないための3カ条

どうしたら、末永く夫婦円満でいられるのでしょう。

今回は、ジョン・M. ゴットマン博士の著書『愛する二人別れる二人――結婚生活を成功させる七つの原則』を参考に、夫婦間の空気が険悪になった時必要な「リペアアテンプト(修復努力)」をご紹介します。

愛を研究する博士が見つけた、夫婦仲の分かれ目

本書を著したゴットマン博士は、自分の研究所に来た夫婦を5分も観察していれば、その後彼らの仲が続くか、それとも別れてしまうかがほとんど分かってしまう! と言っています。

そんなうまいこと言っちゃって、大袈裟な……と思いましたが、博士の予想は91%という脅威の的中率で大当たりしちゃっているのです。

では、博士は一体、夫婦のどこを見ているのでしょうか?

この本に再三にわたって出てくるのが、「リペアアテンプト(修復努力)」という概念です。

もともと、カップルって他人同士ですよね。お互いに生活習慣の異なる家庭に生まれ、違った環境で違った価値観を育んできた二人。その、異なる価値観が正面切ってガツ〜ンと衝突するのが、夫婦の危機!

そういう局面で、衝突を回避しようとする工夫「リペアアテンプト(修復努力)」の習慣があるか否かが、夫婦仲の分水嶺(分かれ目)なのです。

“侮辱”は愛の賞味期限を早める

たとえば、妻が夫に時々「仕事帰りに、○○買ってきてくれる?」と頼むとしましょう。旦那さんは「うん、いいよ」と承諾するのですが、仕事が終わるとけろっと忘れて帰ってきてしまうとします。

「あ、忘れてた」が夫の口癖。そうつぶやく時の夫は、さほど反省していないような表情。

あなたが妻なら、どんな反応を示しますか?

そこで「あなたっていつもそう! 私が頼んだことを全然聞いてくれないのね!」となじるのは非難です。
「人の言うことなんてどうでもいいと思ってるんでしょ!!」「こんなに頼んでいるのに何度も忘れるなんて、バッカじゃないの!」とまで言ってしまうと、侮辱です。

妻としては、頼んだことを幾度となく忘れられてしまうと、怒りたくもなるでしょうね。これ書いていたら、私も「夫が忘れるのが悪いんじゃないの」と一瞬腹立ちましたし。

だけど、こちらこそ忘れてはならないことが。それは、「バッカじゃないの!」のようなどぎついセリフを吐くことが許されるのは、多部未華子さんくらいしかいないという現実です。
多部さん以外の人が、相棒の人格を否定するような侮辱を繰り返していると、どうってことない話題でも夫婦間の亀裂が広がっていきます。

パートナーの落ち度に対して怒りを抑え切れず、非難や侮辱ばかりを浴びせかけている夫婦は、「リペアアテンプト(修復努力)」をしていない状態。

“解散”へと向かう、危険な兆候が表れているのです。

リペアアテンプト(1)冗談や変顔

パートナーの欠点や失敗が見つかっても相手を攻撃せず、何とかして味方であろうとするのが、「リペアアテンプト(修復努力)」です。

リペアアテンプトの一つは、ユーモアを持つこと。

「そういうところが何だか憎めないんだよね」「忘れっぽいところが可愛いんだよね」などと、いたずらっぽく言ったり。 「あはは、やっちゃったね〜!」「いや〜ん、もうっ、○○さんったら!」などと馬鹿馬鹿しい声を上げたり。 たいした意味などない、くだらない冗談を言ったり。 夫婦間でしかやらないような変顔をして見せたり。

もちろん、冗談連発で本音を言わなくなるのも困りモノですが……、あまりにも真面目に、まともに怒りを表しすぎると、会話が重くなり相手が煙たくなってくるもの。

夫婦関係を続けるためには、「ちょっとばかり茶化す」「おどけて見せる」というワザを習得しておくと、結構役立つようです。

リペアアテンプト(2)解決法を提案する

もう一つのリペアアテンプトは、提案することです。

何度頼んでも買い物を忘れてしまう旦那さんに、

「どうしても○○が必要だから、これから買いに行ってこよう」
「一緒に行ってくれる?」

などと、解決策を提示するのもリペアアテンプトです。問題の解決に向かえば、相手を責めずに思いやりを持って接することができます。

怒りという原始的な感情をぶつけるのではなく、知的感情を育てることが大事ですね。

こういったリペアアテンプトをお互いに行っている夫婦は、意見や趣味、生活習慣、宗教に対する考え方が違っていてさえ、離婚せずにすむ場合が圧倒的に多いのだとか。

非難や侮辱は控えること。そしてリペアアテンプトこそが夫婦円満の秘訣!
「近頃、旦那とうまく行っていないな。ぶつかり合う回数が増えてきたかな」と思ったら、試してみてはいかがでしょうか?