西内まりやオフィシャルブログより

写真拡大

 10月15日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、とんねるず・石橋貴明(53)が、女優でシンガーソングライターの西内まりや(21)に“セクハラ行為”を繰り広げ、炎上コメントが殺到している。

 31日から公開される映画『PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』のために来日したハリウッド俳優、ヒュー・ジャックマン(47)とともに人気コーナー「食わず嫌い王」にゲスト出演した西内。28日発売の新曲「Save me」を引っさげての出演だったが、隣に座っていた石橋が、緊張気味の西内に「(胸が)バクバクしている?」と胸元にボディタッチをするポーズを見せた。また、西内が「ジムに通っています」という話をした際には「どれどれ?」と再び彼女の胸元を触る素振り。

堂々と放映するフジテレビにも問題アリ!

 西内は終始笑顔で乗り切っていたが、ヒューはそんな彼女を察してか、石橋のセクハラ行為にウケつつも「スゴイな…僕がそれをやったら問題だ」「そんなことをしちゃダメだよ」などと釘を刺したのだった。

 今回の“セクハラ行為”について、ネットユーザーの反応は

「日本の恥」
「セクハラでしょ!」
「これ見てたけど私も引いたわー。なんか西内まりや可哀想だった。ヒューに対する態度もなんか失礼だし石橋貴明調子乗りすぎ」

 と、石橋に対して批判が集中している。それとは逆に、ヒューの大人な対応については

「ヒューのジェントルマンさに感動した!」
「西内まりやかわいそう。ヒュージャックマン素敵だわ」
「こんな酷い状況を上手くフォローするヒュー・ジャックマンのイケメンっぷりにハートを丸ごと持ってかれた」
「ヒュー・ジャックマン大好きだからこれを見て日本を嫌いにならないで欲しいな」

 と、キッチリと釘を刺したシーンに好感が持たれているようだ。

「芸人による公然セクハラでは、さまぁ〜ずの三村マサカズ(47)が槍玉に挙がったことも。今年3月放送の『さまぁ〜ずのご自慢列島ジマング』(フジテレビ系)で、三村はゲスト出演したアイドリング!!! 元メンバーでタレントの谷澤恵里香(24)に対して、胸を鷲づかみにした。谷澤は驚きつつも『あ〜恥ずかしい。ありがとうございます』と場をおさめていたいたものの、放送後は大炎上に発展しました」(スポーツ紙記者)

 当時ネット上では「自分の方が立場上だからってそれを利用してるし、100%セクハラでしょ!」と、三村の行為に批判が集中。三村は「あれはよくないことだけど共演者も喜んで現場は笑いになってます」などと弁明していたものだが、それで納得した視聴者が果たしてどれくらいいたのだろうか。

「今回の石橋に関しては、セクハラ自体だけでなく、こうした内容を放送してしまうフジテレビに対しても批判が集まっています。視聴率のジリ貧ぶりだけでなく、不快と思われてしまいかねないシーンをオンエアしたことが、そもそもの炎上の原因と言えるでしょう」(同)

 今年はサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウドを『水曜歌謡祭2時間スペシャル』(同、7月8日放送)に出演させ、曲を聴きながらタオルを回す演出に付きあわせたなどがひんしゅくを買っていたフジテレビ。各番組が問題続きとあっては、海外スターがフジテレビの番組に出演してくれる機会も少なくなってしまうかもしれない。

(文/一樹守)