学生の窓口編集部

写真拡大

結婚の話題となるとよく出てくるのが「結婚適齢期」という言葉。近年は晩婚化の一途をたどっていますが、独身男女の中でも結婚適齢期に対する意識は変化してきているのでしょうか。そこで独身男女に「何歳で結婚するのが理想か」を尋ね、年齢別に集計。それぞれの理由をまとめてみました。

■「理想の結婚時期」女性の場合

29〜31歳……56名

「29〜30歳。ある程度社会で仕事をして社会を知ってからのほうが、また仕事に復帰するにもいい気がするから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

「30歳くらい。いろいろ経験してる分、お互い自立していられそうだから」(27歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

「29歳。30歳で出産ができたらいいな、と思っているので」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

26〜28歳……46名

「28歳くらいなら、バツ1になってもやり直しがきく年齢なので」(35歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「26歳。それくらいに結婚できていたら、新婚生活を楽しんだり、子どもを産んだりするのに時間的な余裕があると思うから。遅くに結婚すると早く子どもを産まなきゃ、という感じになってあまり新婚生活を楽しめなさそう」(28歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

「26歳。可愛いウェディングドレスが似合ううちに結婚したいが、経済的・社会的余裕も欲しいので、バランスを考えるとこのくらい」(22歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

32〜35歳……15名

「32歳。20代は稼いだお金を自由に使いたい」(21歳/自動車関連/事務系専門職)

「30代前半。子どもを産むことを考えてもリミットだと思います」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

23〜25歳……13名

「25歳。自分の中で東京オリンピックが開催される年までには結婚して、旦那さんと一緒に見に行きたいから」(20歳/医薬品・化粧品/専門職)

「30までに子どもが二人ほしいから」(21歳/情報・IT/技術職)

女性の場合、やはり自分のキャリアプランや出産年齢をイメージしたうえで、理想の結婚年齢を考えている人が多いようです。子どもを産むなら早いに越したことはないけれど、職場復帰を考えるとある程度キャリアを積んでおいたほうがいい……という女性の意識が透けて見えます。

■「理想の結婚時期」男性の場合

29〜31歳……34名

「30歳。貯金もありいい家庭を築けると思うから」(24歳/電機/技術職)

「30歳。個人的にはもう少し早いほうが望ましいが、一般的な初婚年齢だし、経済面を考慮すると早くてこのくらいかと」(26歳/食品・飲料/その他)

「30歳。そこそこお金が貯まってきたころに勢いでするべき。一人に慣れるとパートナーがいらなくなるから、結婚したいと思っているうちに」(47歳/電力・ガス・石油/技術職)

32〜35歳……17名

「33歳。ある程度偉くなってから結婚するべきだと思うから」(28歳/情報・IT/技術職)

「35歳。今でもまだかなり幼稚な部分があるので、将来の子どものためにもっと大人になる必要があると思う」(31歳/食品・飲料/技術職)

「35歳。あきらめがつく」(22歳/アパレル・繊維/技術職)

26〜28歳……12名

「28歳。適度に落ち着きお金もあるから」(25歳/建設・土木/技術職)

「28歳。少し社会に出てからのほうが、トラブルが少なそう」(22歳/情報・IT/その他)

男性の場合には、キャリア的に経験を積みつつお金を蓄えたうえで結婚したいという堅実志向が表れています。また「若いうちは正直遊びたい」という思いもありそうですね。

■実は数多い「結婚適齢期なんてない」という声

アンケート結果で実際のところ多かったのが「適齢期なんてない」「何歳でもいい」という声。女性で41名、男性では30名と、それぞれ上位に入る数の意見がありました。そもそも結婚したくない人や結婚に興味がない人からは「結婚なんてしない方がいいのでは? なんのメリットがあるの?」(33歳/男性/情報・IT/技術職)という声も。

「いつ結婚しても結婚したそのときが一番幸せであり、年齢は関係ないから」(33歳/女性/人材派遣・人材紹介/その他)

「年齢で結婚すべきかどうかを判断すべきではない」(28歳/男性/電力・ガス・石油/技術職)

という考えもありました。そもそも「結婚すること」が絶対的なことではなくなりつつある今、何歳で結婚しようとしまいと、「その人自身が望んだ状態でいること」がもしかしたら一番理想的なあり方なのかもしれませんね。

※調査期間:2015/8/29〜 2015/9/04

アンケート対象:マイナビニュース会員 20〜51歳の男女

有効回答件数:298件(ウェブログイン式)

(大矢幸世+プレスラボ)