若林正恭 山里亮太がかつて「面白くなりたい」と泣いていたことを明かす

写真拡大

27日放送のバラエティ番組「ヨロシクご検討ください」(日本テレビ系)で、オードリー若林正恭が、南海キャンディーズ山里亮太の若手時代を明かす一幕があった。

この日は、新垣結衣がゲスト出演していた。新垣と山里は、2005年に放送されたコント番組「落下女」(日本テレビ系)で共演していた仲だった。

「落下女」には、バナナマン、おぎやはぎ、南海キャンディーズ、ドランクドラゴンらのお笑い芸人が出演していたそう。するとここで若林は、「落下女」について「山ちゃんが面白くなりたいって(スタジオ脇にある)らせん階段で泣いてた番組か」と暴露し、山里が慌て始めた。

若林によれば、当時の山里はテレビ番組に出演し始めて1〜2年しか経っていないころだったため、周囲との実力差に落ち込んでいたらしく、「面白くなりたい」と泣いていたという。

山里の意外な一面に、スタジオ一同は「えぇ!」と驚愕。山里は苦笑しつつ「いいから!」「お前…」と若林に詰め寄ったが、暴露の内容を否定することはなかった。

【関連記事】
山里亮太 番組収録で遭遇した驚くほどやる気のない女性タレント
若林正恭が先輩タレントの説教に悪態「人間の幅を広げて何になるの?」
山里亮太が「ミレニアムズ」最後の収録での「変な空気」を明かす