「元少年A」名義で手記…少年法における「想定外の事態」をどうするべきか

ざっくり言うと

  • 酒鬼薔薇事件の加害者とみられる男性が「元少年A」名義で手記を出版した件
  • 加害者が自らの情報を漏らすのは、少年法の想定外だと専門家は語る
  • 一方で、「社会の側もある程度は許容するべきだ」と冷静な対応を求めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング