浅田美代子

写真拡大 (全7枚)

19日、浅田美代子が、一曲限りの歌唱ステージを披露。第15回(1973年)日本レコード大賞において、新人賞を獲得したヒット曲、「赤い風船」を客席に届けた。

会場となったのは、東京・渋谷公会堂。チャリティイベント「いぬねこなかまフェス2015」にて、実施されていた。

42年ぶりとなった歌のステージ。無事に歌い終えると「緊張感が無いとよく言われるけど、震えてしまった」と変化した現象を伝えた。

イベントの終了後の会見では「ドラマの打ち上げで歌わされることはあったけど、会場で歌うことはありませんでした」との報告もした。

ここまでの間隔が空いてしまったこと、記者から「(歌うことを)封印していたのですか?」との質問も飛びだした。

すると、浅田は笑い出し「だって、求められていなかったから」と自虐的に回答していた。

2回目の開催となった今回は、女優・吹石一恵、歌手・坂本美雨、お笑い芸人・椿鬼奴など、動物好きの著名人や専門家が集結。「動物のために何ができるか」というテーマを基に、トークセッションやライブパフォーマンスなどの演目が披露されていた。

▼ 吹石一恵

▼ 坂本美雨

▼ 椿鬼奴

▼ パルト小石(ナポレオンズ)

▼ 浅田美代子

■関連リンク
「いぬねこなかまフェス2015」 - 案内WEBページ