ガールズトークが途切れなかった桐谷美玲(右)と西野カナ

写真拡大

 桐谷美玲主演作「ヒロイン失格」が9月15日、都内で主題歌「トリセツ」を歌う西野カナのサプライズライブイベントを行い、桐谷と西野がガールズトークを繰り広げた。

 2人のイケメンの間で揺れ動く主人公はとりを演じた桐谷は、主題歌「トリセツ」について「女性だけではなくて、男性に聞いてもらうと、『女子ってこういうこと考えてるんだ』ってわかるような曲。女子が気付いてほしいポイントがふんだんに詰まっている」と大絶賛。「なんで今日あの2人いないんですかね?」と利太役の山崎賢人と弘光役の坂口健太郎の不在を嘆いていた。

 西野が「ちょっとコミカルで、あったかくて、可愛いはとりちゃんのイメージにしたいと思った」という主題歌を歌い始めると、桐谷は手拍子したり口ずさんだりとノリノリで聞き入った。「特等席で聞かせてもらっちゃって嬉しいです」と大感動の様子を見せ、西野も「はとりちゃんの前で歌えて本望です」と嬉しそうにほほ笑んでいた。

 また、桐谷ははとりを「いつも一生懸命、一途、素直、だけどちょっと暴走しがち。でもそこがすごく可愛らしい」と語り、「私もいつになくテンションを上げて『イヤッホー!』とか言いながら撮影していました。ニュースのイメージがあるとは思いますが、私の素に近いのははとりちゃん」と意外な一面を明かした。西野も、「私の中にもはとりちゃんとよく似たところがある。共感できるところがたくさんあった」と桐谷と顔を見合わせていた。

 また、「自らの“トリセツ”があるとしたら?」という問いに桐谷は、「寝ることに関して相当ひどい。寝相、寝顔を優しく包み込んでくれる方がいいですね」と苦笑いで回答。西野は「寒いのが苦手なので、(部屋の)設定温度をあまり低くしないでほしい」と現実的なお願いで会場の笑いを誘い、桐谷と「人見知り、朝起きれない、寒がり」と声を合わせて共通点を語っていた。

 「ヒロイン失格」は、「別冊マーガレット」で連載された幸田もも子氏の同名人気コミックを原作に、「高校デビュー」などの英勉監督が映画化。幼なじみの利太と両思いになれると思い込んでいた女子高生はとりが、別の彼女ができた利太と、学校一のモテ男・弘光との間で揺れ動く姿を描いたラブコメディ。9月19日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。