ちょっとメイクが濃すぎた?/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

51歳とは思えないほど若々しいサンドラ・ブロックが、珍しく厚化粧をしたために不評を買っている。

【写真を見る】現在51歳とは思えないほど若々しいサンドラ・ブロック/写真:SPLASH/アフロ

9月10日から20日まで開催されている第40回トロント国際映画祭に出展されてる『Our Brand Is Crisis』で、親友のジョージ・クルーニーと久しぶりにレッドカーペットを歩いたサンドラ。最近、モデルとしても活躍するイケメンのカメラマン、ブライアン・ランドルとの交際が発覚し、幸せの絶頂とあってか、ご機嫌な様子だった。

しかし、この日のサンドラはいつになく厚化粧で、厚塗りのファンデーションに真っ赤な口紅が、かえって彼女を老けて見せてしまったようだ。

デイリー・メール紙に掲載されている写真を見てみると、相変わらず肌はつやつやで、大笑いした時の目じりと頬以外にはあまりシワも見受けられない。

そんなサンドラの、シミひとつない顔や若さが絶賛される一方で、「ついにサンドラも、顔にメスを入れたのかな」「顔が変わって、サンドラなのか疑ってしまった」「リフティングやボトックス丸出しの顔になってしまった」「数日前の薄いメークの時は気が付かなかったけれど、能面みたい」「ストレートヘアに、付けまつげ、まっ赤な口紅が似合っていないのか、まるでホラー映画のメイクみたいだ」「目の下のしわだけ異常に目立つ」「本命の年下の恋人ができて、ついにサンドラも顔をいじってしまったのかな」といった声があがっており、厚化粧が裏目に出てしまったようだ。

サンドラにはこれまで美容整形疑惑は浮上しておらず、顔をいじっていない、稀有な存在として伝えらていた。【NY在住/JUNKO】