新作撮影中のトム・クルーズ 写真:Chris AshfordCamera Pressアフロ

写真拡大

 トム・クルーズ主演最新作「Mena」の撮影クルー2人が飛行機事故で死亡したと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

 クルーズは現在、ダグ・リーマン監督の新作をコロンビアで撮影中だが、サンタフェ・デ・アンティオキアという町からメデジンの空港まで小型飛行機で移動中に、悪天候により1機が墜落。アメリカ人とコロンビア人のパイロットが死亡。また、もうひとりのアメリカ人パイロットが重傷を負ったという。

 当日、クルーズ自身も同ルートで空港まで向かっていたという。「Mena」は1980年代にドラッグ王パブロ・エスコバルのためにドラッグ密輸をしていた実在するアメリカ人パイロットの物語で、2017年1月6日の全米公開を予定している。