ケシャ

写真拡大

米人気シンガーのケシャが、オンラインで取った牧師の資格により、同性婚で司祭を務めて式を執り行っていたことがわかった。

【関連記事】今、ゲイ度の高い海外ドラマが熱い!

米E!Onlineによると、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の権利の支持者であるケシャは、数年前に牧師の資格をオンラインで取得。祭服に身を包んだケシャが執り行ったのは、彼女の友人でヘアスタイリストのヴィットリオ・マセッチアさんと、パートナーのフェリペ・ノクェイラさんの結婚式。画像共有サイトInstagramにフェリペさんが結婚式の写真を投稿し、ロウソクと花びらでロマンチックに彩られた庭で、手を握り合ったヴィットリオさんとフェリペさんの式を、ケシャが執り行う様子が収められている。

ケシャは2012年にも、同性婚が法律で認められる以前のカリフォルニア州で、レズビアンカップルの結婚式を執り行っている。その際、「今日は幸せな気分なの! 前に言ったかどうか分からないけど、私は牧師の資格を持っているから、親友二人の結婚式を執り行うの。幸運を祈ってて!」とツイートしていた。それだけに、今年6月に同州で同性婚が合法化された時には、「オーマイ・ゴッド! 結婚しましょうよ。私が式を司るわよ、みんな! 幸せすぎて泣いちゃいそう!」とツイートし、大きな喜びを表していた。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『アントラージュ』ペリー・リーヴス、10歳年下男性とゴールイン!『スキャンダル』ポーシャ・デ・ロッシ、モデルだった10代に摂食障害に苦しんでいたことを告白!『ボーイズ・ドント・クライ』で性同一性障がい者を演じたヒラリー・スワンク、現状をどう思っている!?