「目元の雰囲気が変わった」と厳しい意見を言われているナタリー・ポートマン/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ナタリー・ポートマン(34)が、9月10日から20日まで開催されている第40回トロント国際映画祭のレッドカーペットを歩いたが、目元の異変と突然の老け顔に、驚きの声が挙がっている。

【写真を見る】相変わらずの美しさで、言われているほどの異変は見受けられないが…/写真:SPLASH/アフロ

『ブラック・スワン』(10)で知り合ったダンサーのベンジャミン・ミルピエと結婚し、4歳の息子の母親になったナタリーは、それ以降かなり仕事を控えており、久しぶりに初監督作『A Tale Of Love And Darkness』でレッドカーペットを歩いた。

ランヴァンのヌードカラーのレースドレスを着ていたナタリーは、もともとやせていたものの、ふっくらしていたはずの顔の頬がこけて面長の顔になり、ほうれい線がくっきり。美しさは健在だが、やせすぎなのかお疲れなのか、目元の雰囲気も変わって目の下にはクマができており、すっかり老け込んでしまったようだ。

他にも同映画祭のカクテルパーティに出席したナタリーが、長袖のミニのワンピースを着ている写真がデイリー・メール紙に掲載されているが、読者からは、美しさが絶賛される一方で、「ナタリーに限ってまさか顔をいじっていないと思うけど、雰囲気がすっかり変わってしまった」「ボトックスのせいか、別人に見える」「育児疲れかな?」「笑ったときのしわがすごいのは、顔をいじってない証拠かもしれないけれどシワがすごい」「やせすぎかな」といった驚きの声があがっている。

先週パリで行われた、ディオールの広告の撮影の際にも、ナタリーの細すぎる胸元にやせすぎという声が挙がるとともに、ナタリーの目元がこれまでとはかなり違っており、「ナタリーだとわからなかった」「ついにナタリーも顔をいじった?メイクのせいだといいけれど」「レニー・ゼルウィガーやシャロン・ストーンほどじゃないけど目元が変わっている」といったように目元の激変を心配する声が寄せられていた。【NY在住/JUNKO】