監督だけでなく原作、脚本、主演の
1人4役に挑む内村光良 (C)「金メダル男」製作委員会

写真拡大

 笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良が、映画「金メダル男」で監督を務めることがわかった。内村にとって、「ピーナッツ」「ボクたちの交換日記」に続いて3作目のメガホン。さらに「Hey! Say! JUMP」の知念侑李とともに、2人1役でダブル主演することも決定した。

 2011年11月に上演された内村のひとり舞台「東京オリンピック生まれの男」をもとに、内村が監督、原作、脚本、主演の1人4役に挑戦し映画化。マモー、ミル姉さん、小須田部長ら強烈なキャラクターを作り上げてきた内村が、今作では世の中のあらゆる一等賞をとることを目指す不屈の男・秋田泉一を主人公に据え、“全力系爆笑エンタテインメント”を描く。

 原作である「東京オリンピック生まれの男」は、内村によれば「実は映画の脚本として考えていたものだったんです。だから最初から映画にしたいという思いがすごく強かった」そうで、「やっと映画化できるということで、今は、もう興奮を押さえられないです」とコメントを寄せる。そして、「絶対面白い作品に仕上げるつもりなので、ぜひ劇場に足を運んで、笑ってもらえればと思います」と意気込みを明かしている。

 また内村扮する泉一は、「とにかく一等賞にとり憑かれて、失敗してばかりなんだけど何度でも立ち上がる、めげない、それでいて憎めない男」という役どころ。「前半は知念くんが、後半は僕がバトンを受け取って、泉一を魅力的なキャラクターにしたいと思っています」と語り、知念の起用理由を「撮影現場で、親子に見えるなんて言われていたことを思い出して、その時に2人でひとつの役をできるなとイメージできました。あと2人とも卵が好きということですかね(笑)」と説明している。

 そして映画初主演を飾る知念が、若き日の泉一を演じる。内村とは日本テレビ系バラエティ「スクール革命!」でも共演しているだけに、「いつもご一緒している内村さんの作品に出演できて、それがまさか初めての主演作になるなんて、びっくりしたのと同時に、すごくプレッシャーも感じています」と吐露。それでも、「責任を持って最後まで、内村監督の表現したいことを表現できるように頑張りたい」と話し、「いつも以上に『笑い』が多い作品で、内村さんから笑いのテクニックをいっぱい学んだり、いろんなことにも挑戦できるので、今から撮影がすごく楽しみです」と期待に胸躍らせている。

 「金メダル男」は、今年10月〜12月上旬にかけて撮影が行われ、2016年秋に全国公開予定。