河北麻友子と小島慶子がイベントに登壇

写真拡大

アン・ハサウェイ×ロバート・デニーロ共演作『マイ・インターン』(10月10日公開)のプレミアムトークイベントが9月14日にスペースFS汐留で開催され、河北麻友子と小島慶子が登壇。アンが実際に着用したハイブランドの衣装も披露された。

【写真を見る】河北麻友子の脚線美に注目!

河北は劇中の衣装について「かわいい衣装ばかり着ているので、衣装も見どころのひとつかなと思います。ラフなお洋服もあり、楽しかったです」と笑顔でコメント。

小島も「高いけど、働いている人が取り入れやすい衣装でした。カジュアルなデニムの彼女もかわいいし、参考になる衣装がいっぱいでした」と、河北と目を合わせた。2人は、劇中のデ・ニーロの格好良さについてもふれ、楽しそうに女子トークを繰り広げた。

河北は、ハリウッド進出について尋ねられると「英語の方が得意なので、せっかくなのでしてみたい。夢はあります」と前向き発言。「菊地凛子さんがすごく好きです。彼女のひとり芝居を観た時、あそこまで表現できるのがすごいなと思いました」。

劇中でアン・ハサウェイ演じるヒロインは、専業主夫の夫を持つ。夫の退職を機に、オーストラリアのパースに移住した小島は、共感する部分が多かったと言う。「私の場合、出稼ぎ生活ですから、私がこっちにいる間は、彼が毎日家事をやってくれるので、彼がいてくれなかったら家族の生活がなりたたないです」と夫に感謝した。

『マイ・インターン』は、ニューヨークのファッション業界を舞台に、オンラインサイトのCEOとして働くキャリアウーマン(アン・ハサウェイ)が、40歳年上のアシスタント(ロバート・デ・ニーロ)との出会いを機に成長していく姿を描くヒューマンドラマだ。【取材・文/山崎伸子】