「東京映画食堂」今年も開催!

写真拡大

 10月22日に開幕する第28回東京国際映画祭で開催される、「東京映画食堂」への参加シェフが決定した。

 「東京映画食堂」は、国内外の映画ファンが食という共通体験を通して交流することを目的に、昨年の同映画祭で初めて実施された人気企画。老舗の名店や数カ月先まで予約が取れない人気店の一流シェフが、六本木ヒルズアリーナにキッチンカーで出張出店することで、手頃な価格で気軽に料理を楽しむことができる。

 参加シェフは、広東料理の名店「広東名菜 赤坂璃宮」の譚彦彬氏、「鮨よしたけ」の吉武正博氏、フランスで認められた独自の「テロワ(大地)の料理」を追求する「レストラン タテルヨシノ」の吉野健氏、日本料理を代表する「一凛」の橋本幹造氏、京都発信のイタリアンで話題の「イル ギオットーネ」の笹島保弘氏の5人で、各自が同映画祭のためのオリジナルメニューを提供する予定だ。

 「東京映画食堂」は、10月23〜31日の午前11時〜午後8時30分に実施される(31日のみ午後3〜7時営業)。第28回東京国際映画祭は10月22〜31日に開催。