「WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」劇中カット (C)2015“WE ARE Perfume”Film Partners.

写真拡大

 テクノポップユニット「Perfume」の世界公演を追った初のドキュメンタリー作「WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」が、日米同時公開されることが決定した。日本のドキュメンタリー映画が日米同時公開されるのは、今作が初。さらに台湾、香港、シンガポール、メキシコをはじめ、南米やヨーロッパでの封切りも予定されている。

 映画は、Perfumeが結成15周年、メジャーデビュー10周年を迎えるアニバーサリーイヤーである2014〜15年に、米ニューヨーク、ロサンゼルスで行ったワールドツアー「Perfume WORLD TOUR 3rd」や、音楽フェス「SXSW 2015(サウス・バイ・サウス・ウエスト)」公演に密着したドキュメンタリー。今回の日米同時公開は、ニューヨークとロサンゼルスにある2つの劇場が、日本からのオファーをいち早く快諾し実現した。

 さらに今作は、第28回東京国際映画祭(10月22日開幕)で新設された、公開前の最新話題作を上映する“パノラマ部門”に正式出品される。22日に行われるオープニングセレモニーのレッドカーペットには、「Perfume」の3人が参加することも決定した。

 メンバーの大本彩乃(のっち)は、「なんだかすごいことになってきました……! とにかく早く見てほしいな。あ〜楽しみ〜」と喜びのコメントを寄せる。樫野有香(かしゆか)も、「自分たちのツアーが映画になることだけでもとても嬉しかったのに、その映画がアメリカでも同時上映されると聞いて、未だに信じられません!」と話し、「国際映画祭のレッドカーペットを歩ける日が来るなんて夢にも思いませんでした。関わってくれた人の気持ちを胸に3人で歩けることをとても嬉しく思います」と大興奮の様子だ。

 そして西脇綾香(あ〜ちゃん)は、映画について「Perfumeのライブが、どんなやりとりでどんな風に作られているのか、本当にたくさんの場面で密着していただいているので、若干はずかしいところはありますが、ありのままの私たちを、日本のみならず海外の方にも見届けてもらえること、すごく嬉しいです」。また、挿入歌を提供した映画「カーズ2」のワールドプレミア上映に出席した際を引き合いに、「ワールドプレミアで歩かせていただいた時はサーキットを見立てた黒のカーペットだったので、念願のレッドなカーペット!! 踏みしめて歩きたいと思います。ひゃん。緊張する(笑)」と意気込みを語っている。

 「WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」は、10月31日から東京・TOHOシネマズ新宿ほか全国で公開。