『デスノート』、完全新作の映画が2016年公開!/[c]2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

写真拡大

超人気コミック「デスノート」を原作に、藤原竜也、松山ケンイチ主演で2006年に公開され、二部作の興行収入が80億円を超えるメガヒットを記録した実写映画『DEATH NOTE』。伝説となった映画版の誕生から10年目という節目である2016年、正当な続編として完全新作映画が製作・公開されることが明らかになった。

舞台は世界的なサイバーテロが頻発する超高度情報化社会となった現在、2016年。“夜神月”と“L”のDNAを受け継いだ新たなるカリスマが登場(何をどのように受け継いだ存在なのかは伏せられている)し、2人の天才の意志を継ぐ者たちと、一体誰が保持者なのか分からない新たな「デスノート」を巡る戦いを、海外ロケーションを交え全世界スケールで描かれるという。

今回、新たな映画製作決定に至ったのは、原作にあるデスノートの“6冊ルール”という設定から。原作には「人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで。もちろん死神自身が所有するノートはその数に入らない。よって、人間にノートを所有させる事で人間界に存在していい死神も6匹まで」とあるが、映画・ドラマ・アニメ・舞台でも使用されていなかった。果たして、このルールを基に、地上に舞い降りた6冊の「デスノート」をめぐる壮絶なバトルが繰り広げられるのか?

また、最終回を迎えた窪田正孝主演のドラマ版「デスノート」で流された特別映像には、「6冊ルール」の他、特別映像内には「夜神月、復活」「Lの後継者」「弥海砂」「死神の目」「ノートの封印」というキーワードがちりばめられており、謎が謎を呼んでいる。

監督は『GANTZ』シリーズ『図書館戦争』シリーズの佐藤信介が務めることが判明しているが、キャストも謎のまま。いったいどのような作品になるのか、今後の続報を待ちたい。【Movie Walker】