ケイト・ブランシェット Photo by Jason Merritt/Getty Images

写真拡大

 米CBSで1951〜57年に放送された元祖シットコム「アイ・ラブ・ルーシー」で知られる名コメディエンヌ、ルシル・ボール(1911〜89)を描く伝記映画に、ケイト・ブランシェットが主演することがわかった。米ハリウッド・レポーターによれば、ソニー・ピクチャーズ傘下のエスケープ・アーティスツが製作する企画で、「ソーシャル・ネットワーク」の脚本家アーロン・ソーキンが契約交渉に入っている。

 驚異的な視聴率を記録した「アイ・ラブ・ルーシー」をはじめ、「ルーシー・ショー」「陽気なルーシー」などに主演したボールは、エミー賞を4度、ゴールデングローブ賞セシル・B・デミル賞を受賞している。私生活では40〜60年、「アイ・ラブ・ルーシー」で共演した俳優デジ・アーナズと結婚。2人の間には、娘ルーシー・アーナズと息子デジ・アーナズ・Jr.がいる。

 今回の映画は、ボールとアナーズの結婚生活に焦点を当てるもので、2人の子どもがエスケープ・アーティスツとともに製作を手がける。監督はまだ決定していない。