写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●立体機動装置の重みは「演技の"力"」
実写版『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の前編が8月1日に公開され、動員138万人、興行収入18.4億円を記録するなど好スタートを切った。各キャラクターとその風貌が公開されたのが昨年11月のこと。原作ファンはどの役者をハマり役と判断するのか? ネットなどでは様々な意見が交わされているが、周囲では本人の性格や雰囲気を含めてサシャ役を演じた女優・桜庭ななみを推す声をよく聞く。

初日舞台あいさつで、ミカサ役を演じた水原希子は「すべてがかわいいんですよ。モグモグ食べるところとか」とその魅力にメロメロ。桜庭にとっては、ハンジ役の石原さとみと共に水原は「お姉さんみたい」な存在で、撮影現場キャストやスタッフにとっては桜庭が妹的な存在だったようだ。

桜庭が演じたサシャは弓矢の使い手。臨戦態勢では雰囲気が一変するが、常に腹を空かしているマイペースキャラで周囲を和ませ、蒸しイモを食べるシーンはより緊迫した状況に追い込まれる後編の『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』(9月19日公開)でさらに際立っている。"恐怖を、射抜く"サシャの分身。その真髄を探る。

――前編公開前のお気持ちは?

すっごく楽しみでした。原作が大大大人気なので、最初はどんな反応が返ってくるのか不安でしたが、試写を観た時にすごく迫力があったので、自信を持ってみなさんにお届けできると思いました。

――ブログにもそのことが書かれていました。水原希子さんと一緒にご覧になったそうですね。

たまたま一緒の時間に観ることができたんです。観終わったあとは「すごく面白かったね」と興奮しました(笑)。撮影中はブルーバックが多かったので、どんな仕上がりになるのかと……。私たちの目の前に巨人が実際にいたわけではないので、自分のリアクションが映像になじんでいるのか、試写を観るまではすごく不安でした。

――そのリアクションに関しては、現場でどのような指示があったんですか。

「目の前にいるのはすっごい大きな巨人だから!」みたいな感じで、後半の立体機動装置を使った特撮シーンでは、タブレットで仮合成のものを参考に撮影を進めました。そこはとてもイメージしやすかったです。試写を観て、違和感なく成立していたのでホッとしました(笑)。

――先ほど、原作を「大大大人気」とおっしゃっていましたが、原作との最初の出会いは?

以前、出演させていただいた『人狼ゲーム』(2013年)という映画で、「私が好きな漫画は『進撃の巨人』」というセリフがありました。その時に読んでみたらすっごく面白くて。でも、最初に実写化すると聞いた時は、どうやって!?とビックリしました(笑)。みんな立体機動装置で飛び回りますし、人が食べられちゃうんですよ!?

――そんな作品の出演オファーは特別な気持ちだったと思います。

すっごくうれしかったです。漫画を読んでいて、共感するところもたくさんありましたし、好きなキャラクターだったので演じることができてよかったです。サシャと自分が似ているなと思うのは……ちょっと抜けているところというか。人が戦っている時にお腹すいたり、なんかみんなとちょっと違うじゃないですか(笑)。それから、私も食べることが大好きです。

――実写を観た後に漫画を読みましたが、すごくピッタリな役だと思いました。かなり原作のキャラクターに寄せましたか?

原作でも愛されているキャラクターですし、そのイメージは大切にしないといけないと思いました。サシャの魅力は、緊迫した中でもちょっと和ませてくれるような雰囲気だと思うんですけど、そこを大切にしようと思ったのと。あとはなんといっても弓使いなので、弓の練習はがんばりました。

――練習できる場所も限られそうですね。

家でソファーに向かって、ひたすら打っていました。穴が空きそうで、少し焦りました。撮影に使う弓が3セットぐらいあって、そのうちの1つを持って帰って練習していました。特に的は作ったりせず、ソファーに当てることを意識して。ほかのところに当たってしまうと壊れてしまいますので(笑)。

あとは、ちゃんと弓使いに見えるような動きを意識しました。背中に差している矢をとって、そのまま見ないで弦に引っ掛けて構える。その一連の動きがとても難しくて、何度も繰り返しました。NGシーンでは矢が3本ぐらい取れちゃったこともありました(笑)。

――ブログやマネージャーさんのツイッターにも上がっていましたが、相当の数のジャガイモを食べたそうですね。

結構食べました(笑)。現場で出たジャガイモはふかしてあって、一応塩がかかっているんですけど、撮影の状況によっては半生の時もあって(笑)。カットがかかって、「火が通ってないじゃないですか!」みたいに冗談でツッコんだりもしました。とても楽しかったです(笑)。

現場では扇風機で風を使ったりすることもあって周りの音も入っていたので、アフレコシーンも多かったです。食べながら話すシーンではアフレコでも実際に食べながら収録しました。撮影現場でもいっぱい食べていたので、アフレコではバジルとか別の味付けにしてくださいました(笑)。

――髪型など容姿の雰囲気も似ていましたよ。

原作のサシャはもうちょっと長くてポニーテールなんですけど、そこまで髪が届かなくて。あとは衣装もとても細かくて、『進撃の巨人』の世界観を実感できました。本物の革を使っているところもあるので、とても本格的なんです。立体機動装置は結構重みもあって、そういうリアルなところも演技の”力”になりました。

●誰にも見せていない日記に書いた不安

――桜庭さんのこれまでの役はどちらかというと大人しくて、動きの少ない役が多かったように思います。今回はアクションですが、その点はいかがでしたか。

アクション自体やったことがなかったので、最初は本当に不安でした。でも、体を動かすことは好きなので、実際にワイヤーで飛ぶシーンは楽しかったです。でも、ワイヤーの練習した後や本番後は本当に筋肉痛になりました。全身筋肉痛でトイレに行くのも大変で、回数を重ねても痛かったです。

――後編にも見せ場がありましたからね。あれは良いシーンだと思います。

本当ですか? ありがとうございます! …どのシーンですか?

――弓を打つシーンですよ(笑)。

あっ、あそこですね! ありがとうございます。

――ブログには8月11日にクランクアップしたことの報告とともに、「さびしい」という本音も書かれていました。

本当にみんな仲が良くてチームワークも良かったので、とにかく終わってしまうことがさびしかったです。みんなの迫力とか気の持ち方もすごかったですし、良い作品を作ろうという気持ちで撮影したので、最後アップしたときはうれしかったですけど、さびしさもありました。

――そのブログの最後には気分転換にネイルに行くことも書かれていましたね。

私、終わってから何してたんでしたっけ……。でも、毎日爪の中に砂が入っていました。汚れを表現するために、みんな「はったい粉」をかぶってから撮影に入るんです。これ(サシャのビジュアル写真)にもちょっとかかっていますよね。

――ご自身の食べているところを撮影した写真、それをまとめたファイルをスタッフさんに見せたと聞きましたが、どのような経緯で見せることになったのでしょうか。

本当に食べることが好きなので、今までの雑誌とか写真集とかで食べているところを撮ってもらうことがあったので、その写真を撮影がはじまる前にプロデューサーさんに見ていただきました。「こんなにおいしそうに食べることができる私なので、絶対にサシャをやりたい!」という気持ちを伝えるためでした。この思いが届いて本当にうれしかったです。

――周りの人からも、「おいしそうに食べる」とよく言われますか。

はい(笑)。あとは、すぐお腹が鳴るんですよ。……あっ。やっぱりそういうところも似てますね。

――ツイッターで知りましたが、数年間欠かさず日記を付けているそうですね。とてもマメな一面だと思います。

はい。10年日記があって、まだ3年目です。二十歳になった時から書き始めました。30歳になるまでにどんな変化が起こるんだろうと思って、毎日書いています。『進撃の巨人』の現場のことも書きました。内容は起こった出来事とか思ったこと、あとは天気とか。本当に一言なんです。クランクイン前日は「明日は撮影だ。緊張する」とか「みんなとうまくできるかなぁ」とか。そのあとは「みんなとご飯に行った」とか楽しく話したこととか。今日書いていることの上には1年前と2年前にかいてあることも見えるようになっているので、読み返そうとしなくても目に入るんです。毎日コツコツやることは苦手なんですけど、日記を書くことはとても楽しいです。

――誰にも見せていない?

見せられないです(笑)。

――以前お会いしたのが2年前。その時にはbump.yとしても活動されていましたが、去年の4月からは女優1本に絞っての活動になりました。何か変化はありましたか。

グループ活動やっていた時は、毎日レッスンがあったので撮影があった日や休みの日でも欠かさず通っていました。卒業してからはレッスンもないので、撮影がない日は休めるようになりました。そういう一人の時間がすごく増えました。最初はさびしかったんですけど、せっかく空いた時間なので有意義な時間にしたいなと思います。

でも、自分の時間ができたときに何をしていいのか分からなくて(笑)。はじめのころは本当に何をしていいのか分からなくて一人で行動することも多くて、ただただ携帯を触ったり。でも、そんな時間がもったいないので、ちょっと遠くまで散歩に行ってみたり、映画を観る時間に当てたり。メンバーのみんなとは今でも仲良くて、「実はあの時こう思っていた」とか思い出話がとても楽しいです(笑)。

――桜庭さんにとってメンバーはどのような存在ですか。

誰よりも一緒にいた時間が長いので、相談もしやすいです。自分のことを誰よりも分かってくれて、みんなのことも分かっているつもりです。いろんな作品を観る時間が増えたことで、その人の表現の仕方に目が行くようになったり、仕事面ではそういう変化がありました。私もそういう演技ができるように、最近では人間観察をしています。

――今回の現場でいえば、人気の若手からベテランの役者、そしてスタッフも精鋭ぞろいでした。その観察眼ではどのようなことが印象に残りましたか。

役者のみなさんだと、ご自身の役への愛が本当にすごかった。そこを見習わないといけないと思いましたし、真剣な取り組み方もとても参考になりました。スタッフさんを含め、そういうみんなの思いが重なり合って、『進撃の巨人』のスタジオは本当に輝いていました。

■プロフィール
桜庭ななみ
1992年10月17日生まれ。鹿児島県出身。身長162.5センチ。O型。2008年に映画『天国のバス』で銀幕デビュー。2009年にはNHKドラマ『ふたつのスピカ』で主演を務め、劇場アニメ『サマーウォーズ』では初めて声優に挑戦した。その後、2010年の『最後の忠臣蔵』で第35回日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ、映画新人賞を総なめ。2016年春公開の日韓合作映画『絶壁の上のトランペット』でヒロインを演じる。

(水崎泰臣)