『猫侍』で大ブレイクの猫あなご

写真拡大

現在公開中の映画『猫侍 南の島へ行く』の大ヒットを記念して、9月12日にティーチインイベントがシネ・リーブル池袋で開催され、主人公猫・玉之丞役のあなごと、動物トレーナーの北村まゆみが登壇した。あなごが終始リラックスしている様子が微笑ましかった。

【写真を見る】フォトセッションでもごきげんのあなご

北村は、本作や連続ドラマ小説「まれ」、大河ドラマ「花燃ゆ」、映画『HERO』、『魔女の宅急便』など数々の作品に携わるアニマルトレーナーだ。ティーチインでは、動物を扱う作品ならではの裏話などを明かした。

北村は、『猫侍』の最初の撮影時をこう振り返った。「白猫というオファーでしたが、神経質な猫が多いのでどうかなと思ったんですが、北村一輝さんにおあずけしたら、本当に安心していました。北村さんは、あなごに対して猫かわいがりもせず、自然体で接してくれて、あなごも心をゆるしているのがよくわかりました」。

さらに、北村は、北村一輝について「あなごに対して、常に守るというスタンスでいてくださるので、あなごは絶対的な信頼を寄せています」と絶大なる信頼関係を語った。

観客からは、17歳のあなごの美の秘訣についての質問が。北村は「サプリメントとエステ、と言いたいところですが」とジョークを飛ばした後「以前よりすごく若返ってます。きっと見られることが美の秘訣ではないかと。猫って自分のテリトリーから出るのにナーバスになるので、心配していたんですが、ごらんのとおりです。あなごのメンタルが変わったのかも。良いストレスがプラスになったのかなと」と笑顔で語った。

『猫侍 南の島へ行く』は、江戸時代を舞台に、かつて剣客として腕を鳴らした強面の浪人・斑目久太郎と、1匹の白猫・玉之丞の交流を描く人気テレビシリーズの劇場版第2弾。斑目久太郎役を北村一輝が扮した。玉之丞役のあなごは、本作で大ブレイクした。【取材・文/山崎伸子】