太った?/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

9月2日から12日まで開催された第72回ヴェネチア国際映画祭には、ジョニー・デップ主演作『ブラック・スキャンダル』と、アンバー・ハード出演作『The Danish Girl』がそれぞれ出品されており、ジョニーとアンバーはふたりそろってレッドカーペットに出席。今までの不仲説を払しょくするようにラブラブぶりをアピールした。

【写真を見る】今年1月頃のジョニー・デップ/写真:SPLASH/アフロ

アンバーが、タバコをくゆらせていたジョニーの顔を押さえつけて、堂々とキスを交わす姿などが話題になった。しかしその後、プライベートでボートに乗って楽んでいたジョニーの、歯が抜けたまん丸顔に、ファンも衝撃を受けているようだ。

この日ジョニーは、大好きな開襟シャツにベージュのジャケットにサングラス姿でアンバーの肩を抱き、ご機嫌な様子でボートに乗っている姿をデイリー・メール紙が掲載しているが、笑った顔から覗いた歯は、前歯2本の右横の1本の歯が抜けており、まるで血でも出ているように口の中の赤さが目立っている。

また前日の土曜日に、『The Danish Girl』のレッドカーペットを歩いた時よりもさらに顔が膨れ上がっており、「かつてのクールなジョニーはそこにはいない」と、変わり果てた現在のジョニーと、今年1月に撮影されたクールなジョニーの写真が並べて掲載されている。

ネットユーザーからも、「『パイレーツ・カリビアン』では金歯だけど、なんで歯がないんだろう」「血が出ているみたいで、気持ち悪い」「お酒の飲みすぎで顔が腫れているのかな」「あんなにかっこよかったのに、どうしちゃったのかな?」「アンバーと付き合ってから、不幸せで不健康そう」「アンバーが綺麗で若いから、余計にみじめな感じに見える」「アンバーにフラれそうなら努力しそうなものだけど、すごい劣化振り。実は結婚が幸せではないのでは?」といった衝撃の声が挙がっている。

2月に結婚したアンバーとジョニーの不仲説は、ジョニーのタバコやアルコール依存症が原因とも言われていた。【NY在住/JUNKO】