ジョナサン・デミ監督とジャスティン・ティンバーレイク Photo by Dimitrios Kambouris/Getty Images、
写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 ジョナサン・デミ監督が、ジャスティン・ティンバーレイクのコンサート映画を手がけることになったとエンターテイメント・ウィークリー誌が報じた。

 2013年にアルバムを2枚発表したティンバーレイクは、現在14カ月にも及ぶワールドツアーの真っ最中だ。デミ監督はラスベガスで行われる千秋楽の模様を撮影し、コンサート映画として完成させることになるという。

 「羊たちの沈黙」でアカデミー賞を受賞したデミ監督は、「フィラデルフィア」や「レイチェルの結婚」といったドラマ映画を手がける一方で、トーキング・ヘッズやニール・ヤングのコンサート映画を手がけてきた。なお、最新作はメリル・ストリープが落ちぶれたロックスターを演じる「リッキー・アンド・ザ・フラッシュ(原題)」だ。