1年で最新iPhoneに残額チャラで機種変更できるauの神キャンペーン

写真拡大

毎年9月は、新型iPhoneが発売される。もはや風物詩ともいえるようになってきた。
しかし、多くの人は、2年間の分割払いとなる24回の割賦販売でiPhoneを購入しているので、割賦が終わるまで「ガマン」という人多い。つまり、大手キャリアの iPhoneを購入した人は、2年に1回しか新機種に買いかえができないのだ。

ところが、今年は違う。去年機種変更した人もiPhoneに買いかえできるプログラムをauが発表した。

●12か月で最新モデルに機種変更できる「スーパーアップグレードキャンペーン」
今回発表されたのは、従来から提供している「アップグレードプログラム」の強化キャンペーンと言える存在だ。
「スーパーアップグレードキャンペーン」は、通常は18か月以降の機種変更で優遇されるプログラムを12か月(13か月目)から適用できるというものだ。

具体的には、
・「アップグレードプログラム(月額300円)」に加入している人が対象
・12か月利用(13か月目)で「スーパーアップグレードキャンペーン」を申請
・前倒し利用料(2000円)を支払うことで、旧モデルの分割支払金が一部無料になる

というものだ。

13か月目に機種変更した場合、それ以降の分割支払金が実質的に無料となる仕組みなのだ。
さらに、「iPhone 6s」及び「iPhone 6s Plus」に関して、前倒し利用料の2000円が無料になる。
そのため、昨年「iPhone 6」や、「iPhone 6 Plus」を割賦契約で購入した人も、機種変更しやすくなるのだ。

●「アップグレードプログラム」にも、注意点はある
今回のiPhone 6s/6s Plusへ機種変更を考えているauユーザーにとっては、まさに「神」のようなキャンペーンだが、当然、注意点もある。

・もともと「アップグレードプログラム」に加入している必要がある
・旧機種はauに回収される
・実際の分割残金割引は19か月目以降
・機種変更後も「アップグレードプログラム」への加入が必要
・auの指定するプランに加入する
・24回の割賦契約で購入する

といった具合だ。

さらに、回収する旧機種が故障、水濡れ、破損がなく正常に動作することが、回収の条件となっている。
したがって現在使用しているiPhone にトラブルが発生したので格安で機種変更したいという場合は、適用できない。

●iPhone以外にも適用される「スーパーアップグレードキャンペーン」
実はこのキャンペーン、iPhone以外でも前倒し利用料さえ支払えば利用できる。

現時点では、iPhone 6sシリーズや、iPhone 6シリーズ、現行のXperiaなどが対象となる。
しかし、10月にも登場すると思われる冬春モデルでも使える可能性が高く、新型のXperiaやGalaxyを待っている人も期待できるかもしれない。

12か月で機種変更できるこのキャンペーン自体も、2016年3月31日まで行われているため、じっくり検討するのもアリだ。

プレスリリース|KDDI
布施 繁樹