15年12月には、北海道から九州までをカバー

写真拡大

 全国4館で体感型アトラクションシアター「4DX」を導入しているシネコングループ「ユナイテッド・シネマ」が、2015年12月にその数を新たに6劇場増やし、計10カ所に拡大することを発表した。

 今回導入が発表されたのは、ユナイテッド・シネマとしまえん(東京都練馬区)、ユナイテッド・シネマ新潟(新潟県新潟市)、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13(福岡県福岡市)、ユナイテッド・シネマ入間(埼玉県入間市)、シネプレックス水戸(茨城県水戸市)、シネプレックス枚方(大阪府枚方市)。すでに導入済みのユナイテッド・シネマ豊洲、ユナイテッド・シネマ札幌、ユナイテッド・シネマ前橋、ユナイテッド・シネマ春日部に加えて、新たに関西、九州地方にも幅を広げ、利用者の拡大を図る。

 4DXは、映画のシーンに合わせて座席が動き、水や風、香り、フラッシュ、煙、さらには泡や雪といった計11もの特殊効果を体感することができる最新上映システム。全世界で驚異的なヒットを飛ばしている「ジュラシック・ワールド」を筆頭に、国内でも4DXでの利用者が増加していることから、時流に乗った形と言える。12月18日には「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の4DXでの上映も決定し、今後ますますの盛り上がりが予想される。