喜びを分かち合った(左から)
黒沢清監督、深津絵里、浅野忠信

写真拡大

 第68回カンヌ映画祭の「ある視点」部門で監督賞を受賞した「岸辺の旅」の凱旋披露試写が9月10日、都内のホールで行われ、黒沢清監督と主演の深津絵里、浅野忠信が舞台挨拶に立った。

 5月のカンヌ後に3人が顔をそろえるのは初めてで、黒沢監督が持参した監督賞の賞状と初対面した深津は、「やっと喜びが分かち合えた。いやあ、格好いいですね。監督の名前がドンとあってジーンとします」と感激の面持ち。浅野も「おめでとうございます。やっぱりすごい。なかなか見られないものなので、貴重ですね」と祝福した。

 カンヌの上映では5分間にわたるスタンディングオベーションが起こったが、何度もカンヌを訪れている浅野が「そこで終わらず、ロビーに出てからも囲まれて拍手を送ってもらった。そんなことは初めてだった」と述懐。初参加の深津も「安心して2人についていった」と語ったが、「レッドカーペットが“渋滞”していて、15分くらい車で待たされたんです。時差ボケで一番眠たい時間帯だったので、うとうとと寝てしまった。そんなリラックスしていた自分が意外でした」と明かすと、会場は温かな笑いに包まれた。

 これには黒沢監督も、「そうですか。寝ていたんですか。僕は緊張して待っていましたけれどね」と苦笑。それでも、「監督賞とは言っても、誰も僕が監督しているところは見ていない。だから総合力であり、スタッフ、キャストを含めたすべてに与えられた賞だと思っている。ありがとう」と2人に感謝した。

 この日は日本での初上映となり、黒沢監督は「やっとこの日が来た。夫婦の魂の旅が、いったいどこまで行くのか、ハラハラしながら見守ってほしい」とアピール。深津も、「カンヌでは死生観が神秘的で美しい、心を動かされたという意見が多かった。日本ではより繊細に深く伝わると信じています」と自信のほどをうかがわせた。

 「岸辺の旅」は、湯本香樹実さんの同名小説が原作。3年もの間失そうしていた後に「俺、死んだよ」とフラリと帰ってきた夫と、それを受け入れた妻が、空白の時間を埋めるように旅を続け、お互いの愛を確認していく道程が描かれる。10月1日から全国で公開される。

 また、フランスでも9月30日に公開されることが決まっており、黒沢監督は今月中旬に行われる披露試写とキャンペーンのため、11日に渡仏する。