『内さま』激震!「寅さん」が原因で内村が三村に共演NG宣言!?

写真拡大

まもなくスクリーンで「内村さまぁ〜ず」が楽しめる。いよいよ明日9月11日に『内村さまぁ〜ず THE MOVIE エンジェル』が公開されるのだ。バラエティ番組「内村さまぁ〜ず」特有の“ゆるさ”、“行き当たりばったり感”、“アドリブ”を残しつつ、映画ならではの“スケール感”と“ドラマ”の要素をプラスした作品。きっと今まで見たことのない「内さまワールド」が展開されるに違いない。作品の見どころや撮影秘話などを内村光良、さまぁ〜ずの三村マサカズ、大竹一樹に話をうかがった。

――今回の映画では、三村さんが主役に抜擢されましたね。

三村:一番この中でいうと器用じゃない俺に光があたってびっくりしました(笑)。
はっきりとは聞いてないですが、監督は「あっこいつだ」って思ったのかもしれないですね。俺の読みでは(笑)。内村さんを中心とした映画だったら、また違う映画になるかもしれないし、大竹ともまた違う。
大竹:内村さんが言ってましたよ。「三村、主役ね」って。
内村:彼、主演しかやらないですからね。
三村:そうですね。主演しかやらない俳優なんです。

――内村さん、ご自身の役についていかがでしたか?

内村:セリフは多かったですね。あの探偵社で一番活躍している人だと思います。僕がいないとあの探偵社は成立しないんじゃないかなっていうくらい。結構芝居では、ちゃんと事件を解決していくっていう役を担っています。あの探偵社の頭脳ですね。
三村:しっかりしてるんですよね。役者を目指していた人の役ですから。

――大竹さんは三村さんのお友達役でしたね。

大竹:遊びに来てる感じですね(笑)。後半はマジシャンになりましたから。もう、撮影のデッドの時間というか、ホントにつながらなくなっちゃうよ、みたいな時の遊園地のシーンの緊張感は凄かったですよ。俺の中ではもうちょっと出来たんすけどね。もうちょっと、こう、完成度の高いマジックがね(笑)。
三村:気持ちがマジシャンになっちゃったんじゃ?
大竹:マギー審司が直接教えてくれましたからね。彼、出演してないんですけど、そのためだけにきてくれて。「でっかくなっちゃった」もやったんですけど、カットされちゃいました(笑)。

――大勢の芸人さんが出演されていますよね。

内村:全員分からないと思います。どこに出てるとかね。何回も見直さないと。
三村:半分の20人くらい発見できたら凄いんじゃないかな。
内村:大体、僕が長ゼリフを言ってるとき、後ろで芸人が何かやってるんで、誰も僕のことを観ちゃくれないんです。

――注目して欲しい芸人さんはいますか?

内村:意外に(アンジャッシュ)児嶋の店長と三村との掛け合いが面白かったね。あれまんま児嶋が出てたから。店長でもなくて、児嶋が。あれがピタってはまってたなぁと。
三村:児嶋はまた、ドラマとかで結構いい味出してやってるじゃないですか。
大竹:役者ヅラしてるんですよね(笑)。
内村:竹山はまた、普通に役者してますからね。上手いですよね、やっぱり。ラーメン屋の主人。つぶやきもなんだかんだでやってるんですよね。

――芸人さんの中で一番のベテランの笑福亭鶴瓶さんはいかがでしたか?

内村:やっぱり絵が締まりますね。さすがブルーリボン賞ですね。
三村:ちょっとワンショット出ただけで、映画っぽくなるよね。
内村:あの人はずるいと思います。急に映画の顔になるよね。お芝居の顔。あれは長年の手腕ですよね。
三村:セリフを全然覚えてこない……。でもその場でなんとかできちゃうのが凄いですね。

――映画の中で、皆さんの見せ場はどのあたりでしょうか。

内村:つぶやきと俺が長ゼリフ言ってる時の、後ろで火が燃えてて、みんなが火のほうを見ていて誰も俺のことを観てくれないシーンですかね。そういうのが4つ5つあるんですよ。そこを観て欲しいです。スタッフ全員、火の方しか見ない。俺の芝居には何にも言ってくれないんです。火の具合の方が勝っちゃったんですね。そこを汲みとって観て頂けると。

三村:僕は後半、ちゃんと父親をやらないといけないってなってから、映画としてぐっと入り込んでいくシーンじゃないですかね。あそこから、映画館の人を感動の渦に巻き込んでいこうと目論んでおります。
大竹:三村さんの「下手うま」というか、ダメな子が頑張ってきたみたいなのが乗っかってるじゃないですか。
内村:あざといな。
大竹:だから主役なんですよ。ダメっていうのが世間にあるから。ずるなんですよ(笑)。
三村:さんざん笑って、ほろりときちゃったってなったら、これ最高の映画ですね。

大竹:あとは、俺がスベってるシーンが1カ所あるんですよ。
三村:それが、良い感じに「すっ」てなってるんですよ。
大竹:映画の中で「すーん」てなる瞬間があるんです。事務員をマジックで消すシーンなんですけど、監督も「やったな! うけたね〜」って言ってて現場で結構うけたんですよ。んで、本番見たらドンズベってんの。三村が映画館で試写会を見終わったときに「あそこスベってたな〜おまえ」って。
三村:編集のカットアウトの仕方が、すげー滑った感じになってて。
大竹:実は三村が声出して笑ってたから、カットアウトするしかなかったと監督が言ってました。

――以前、三村さんが映画に出演された際、小林薫さんが降りてきたとコメントされていました。今回の映画では誰か降りてきたのでしょうか?

三村:伊東くん(久保田悠来)と出ている「奥さん、写真綺麗ですね。お子さんはお腹空いてたんですよね?」みたいなシーンの「ばかだなぁ、おまえ、気持ちを考えろ」ってセリフの時、寅さんが完全に降りてました。渥美清さんが自然に乗り移ったんじゃないかって。あれは寅さんだと思って観て欲しいです。間違いない。寅さんとして怒ってます。「ばかだなぁ、おまえ、女心を考えろ」って。
大竹:俺は、喫茶店のマスターとしてマジックをするシーンで見えないと思うんですけど、カードを出したり消したりしてる時、マギー審司が降りてきてましたね。師匠ですからね。
内村:誰かが降りてきたって言ってるようじゃだめです。そんなやつは役者じゃないです。誰かが降りてきたじゃねーよ(笑)
三村:映画「ピーナッツ」のときは、北野武さんも降りてきました。酒屋のシーンで「お、どうした?」って。
内村:そんなこと言ってるヤツは役者じゃねーです。NGです。共演NG(笑)。

内村から三村に対してまさかの映画共演NG宣言が飛び出した。この作品を最後に内村と三村の2人の共演は本当に見られなくなるのだろうか。内村の本気度が気になるところだ。2人の映画共演が見納めとなるかもしれない『内村さまぁ〜ず THE MOVIE エンジェル』は明日9月11日(土)に全国ロードショーされる。

『内村さまぁ〜ず THE MOVIE エンジェル』には総勢56名のお笑い芸人が出演する。「教えて!goo」では「あなたが好きなお笑い芸人は?」の回答を募集中!

●『内村さまぁ〜ず THE MOVIE エンジェル』公式サイト

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)