Apple話題の新製品「iPad Pro」の日本価格が未発表! 為替の価格より7000円安くなる可能性もある?

写真拡大

9月10日2時(日本時間)よりスタートしたAppleの新製品発表会は、いくつもの新製品を発表して市場をワクワクドキドキさせている。
特に、注目を集めているのが。ビジネスシーンでも利用できる「iPad Pro」だ。
12.9インチの大画面やiPad Air 2比2倍に向上したCPU性能など。これまでにない利用方法が期待される新製品と言える。

しかし、多くの人が気になるのは、「価格」だろう。
日本版のAppleホームページに各製品の価格が発表されていたため、それぞれを比較してみた。

●さすがに高いiPad Proは10万円オーバー
まずは、「iPad Pro」を含むiPadシリーズだ。
実は、発表会では大きくとりあげられなかったが、iPad Air 2相当まで性能向上させた「iPad mini 4」も発表されている。小型iPad愛好者には注目だろう。

・iPad Pro
Wi-Fiモデル 32GB 799米ドル(約9万6000円)
Wi-Fiモデル 128GB 949米ドル(約11万4000円
Wi-Fi+Cellularモデル 128GB 1079米ドル(約13万円)

・iPad mini 4
Wi-Fiモデル 16GB 4万2800円
Wi-Fiモデル 64GB 5万3800円
Wi-Fiモデル 128GB 6万4800円
Wi-Fi+Cellularモデル 16GB 5万6800円
Wi-Fi+Cellularモデル 64GB 6万7800円
Wi-Fi+Cellularモデル 128GB 7万8800円
となっている。

iPad Proは11月発売のため、まだ日本向けの価格が発表されていない。
しかし、同時に発表された「iPad mini 4」は9月10日発売のため、日本向け価格は判明している。

ここで気になる事実がある。
「iPad mini 4」の価格が予想よりも安いのだ。

●iPadは107円掛け?
発表会では、iPad mini 4の米国価格は発表されている。
最小価格のため、おそらくWi-Fiモデル 16GBと推察される。
発表会では、399米ドルと紹介されていた。
さらに、既存モデルの価格も紹介されている。
・iPad mini 2 269米ドル〜
・iPad mini 4 399米ドル〜
・iPad Air 399米ドル〜
・iPad Air 2 499米ドル〜
・iPad Pro 799米ドル〜

これらに対して日本の価格は以下となる。
・iPad mini 2 3万1800円〜(1米ドル118.2円相当)
・iPad mini 4 4万2800円〜(1米ドル107.2円相当)
・iPad Air 4万2800円〜(1米ドル107.2円相当)
・iPad Air 2 5万3800円〜(1米ドル107.8円相当)
・iPad Pro 未発表

2015年9月10日現在の為替は、1米ドル約120円。
このレートと比較すると比較的安い価格に設定されていることがわかる。

●iPad Proは8万9800円から?
さらに、Appleでは、上位機種の小容量モデルと、下位機種の大容量モデルの価格を同じに設定する傾向がある。
例えば、「iPhone 6s Plus 16GB」と「iPhone 6 Plus 64GB」が同じ9万8800円といった具合だ。

それらを踏まえて、日本での価格を予測してみよう。
・iPad Pro Wi-Fiモデル 32GB 約8万9800円(iPad Air 2 128GBより想定)

あくまで、ほかの機種や米国モデルからの推定ではあるが、最小モデルで9万円を切る価格の可能性は十分ありそうだ。
この価格からであれば、競合製品となるMicrosoftのSurface 3とも互角に渡り合えると思われる。

iPad Proの性能を引き出すオプション品となる、
・Apple Pencil 99米ドル(約1万2000円)
・Smart Keyboard 169米ドル(約2万円)

は、ライバルとなるSurface 3に比較して、けっして安いくはない価格設定だ。
せめて本体は少しでも手頃な価格で販売してほしい、というのが筆者のホンネだ。
※価格はすべて税別です

iPad Pro|Apple
布施 繁樹