「老後破産」は長寿社会の深刻な社会問題となりつつある。8月30日放送のNHKスペシャル『老人漂流社会 親子共倒れを防げ』は80歳の父と、リストラされた45歳の息子が生活に窮する厳しい現実をレポートして反響を呼んだ。

 息子の失業だけでなく、“結婚しない娘”も親にとって大きな負担となる。30〜34歳女性の未婚率は2010年時点で34.5%。しかもこの数字は今後さらに上昇する可能性が高い。
 
『Nスペ』にも、老夫婦と37歳の失業中の息子、36歳独身の娘が同居する4人家族が登場した。子供たちはアルバイトしかできないため、父親は69歳になっても働き続けている。本人は70歳を過ぎても働き続けるしかないと思っているが、もし働けなくなったら家族はどうなるのか。父親は「希望なんてない」と暗い表情でつぶやいた。
 
 娘が離婚し、子連れで実家に戻ってきた場合は、さらに大変だ。社会学者で放送大学副学長の宮本みち子氏がいう。
 
「年老いた親が娘だけでなく孫の生活まで見なければならなくなり、3世代が共倒れしてしまうケースもあります。高度経済成長期には、親の役割はある時期で終わるとされていました。ところが今はそれが成り立たない。やがて親が介護が必要な年齢になると、状況はますます困難になってしまいます」
 
 こんな事例がある。嫁いだ娘が夫のDVに耐えかねて、12歳の孫を連れて実家に戻ってきたのは2年前のこと。娘は軽いうつ状態で働きに出ることができず、家族4人の収入は72歳になる夫婦の国民年金、月13万円のみ。それでは育ち盛りの孫まで養うことは不可能で、なけなしの貯金を取り崩しながらの生活が続いた。
 
 幸い、娘の体調が上向いてスーパーでパートができるようになり、夫と離婚が成立して養育費が入るようになったため、どん底の生活からようやく脱出することができた。だが、この安定がいつまで続くのか、一家は不安にかられ続けている。

※週刊ポスト2015年9月18日号