完全復帰を果たした「エグスプロージョン」おばら(左)

写真拡大

 歴史リズムネタ「本能寺の変」で人気のお笑いコンビ「エグスプロージョン」のおばらよしおとまちゃあきが9月10日、東京・渋谷区のヨシモト∞ホールで、アクション映画「アントマン」とのコラボレーションイベントを行った。

 9月1日に急性胃腸炎のためイベントを欠席していたおばらは、体調が完全に回復したことをアピールし、「僕が弱かったんです」と自責の念をにじませる。まちゃあきは「寝る暇がなかったわけでもない」と言いつつも、「地方に行っていて、1週間くらい家に帰れていない時だった」と売れっ子の多忙さをうかがわせた。

 動画投稿サイトYouTubeにアップした「『本能寺の変』 踊る授業シリーズ」の再生回数が2700万回を突破し、「エグスプロージョン」の人気は、若者を中心に急上昇している。環境が一気に変化し、人気ぶりも「最近実感が沸いてきた」というが、「街で気付かれない。まだまだです」と謙虚な姿勢を崩さない2人。「織田信長さまが大好き」というまちゃあきは、今後コラボしたい人に「信成さん」と織田信長の子孫でプロスケーターの織田信成をあげ、「一緒に『本能寺の変』をやりたい」と願望を明かした。

 また、2人は今作のために用意した「本能寺の変 アントマン・バージョン」を踊って映画をアピールした。ディスニー映画からのオファーに「信じられない」と口をそろえ、まちゃあきは「半年前は吉本内でもないがしろにされていたのに……(笑)」と本音をポロリ。おばらが「(事務所には)よくしてもらっています!」とフォローするなど、軽妙なやり取りで会場を沸かせていた。

 「アントマン」は、仕事も家庭も失った主人公のスコットが、娘のヒーローになりたい一身で1.5センチのヒーロー・アントマンになることを決意し、厳しい修業に奮闘するアクション・エンターテインメント。9月19日から全国で公開。「本能寺の変 アントマン・バージョン」は、10日夕方からYouTubeのディズニー・スタジオ公式チャンネルと吉本興業チャンネルで視聴可能になる。