ヤンキース・田中将大【写真:田口有史】

写真拡大

優勝争い真っ只中で地元メディアが早くも「ワイルドカード」見据えて特集

 ヤンキース田中将大投手が、ア・リーグのワイルドカードでプレーオフ出場に回った場合の「ワイルドカードゲーム」での先発登板を志願している。ニュージャージー州最大のニュースサイト「nj.com」が「ヤンキースのマサヒロ・タナカ曰く、ワイルドカードゲームで僕は投げたい」との見出しで報じている。

 ヤンキースは今季序盤からア・リーグ東地区で首位を走っていたが、快進撃を見せるブルージェイズに1位の座を奪われ、現在2位。熾烈な優勝争いを繰り広げているが、このまま地区制覇に手が届かずにレギュラーシーズン終了となれば、3年ぶりのプレーオフ進出を勝ち取っても、一発勝負の「ワイルドカードゲーム」に回ることになる。

 その状況に地元メディアは早くもワイルドカードを見据えた特集記事を掲載。田中が大一番を任される可能性を報じている。

 負ければ敗退となる試合での先発は責任重大だが、記事では「マサヒロ・タナカはプレッシャーに慣れている」と言及。楽天時代の2013年に巨人との日本シリーズ第6戦で160球を投げて敗れた後、第7戦で15球を投げてセーブを記録し、日本一に輝いたエピソードを紹介している。

「どの選手もそのような大舞台で投げたいと思います。重要なことは大きな試合で投げることを想定して自分自身、準備をしておくことですね」

「nj.com」の取材に対して、田中は通訳を介してこう語ったという。

重要な終盤戦を迎えても、田中にとってプレッシャーは「そこまでではない」

 記事では、ペナントレース終盤でのプレッシャーについて質問を受けた右腕が「そこまでではありません。でも、シーズンが終盤に近づいているので、強度自体は少し高まっているかなと思います」と話したことにも触れている。

 圧倒的な経験を持つCC・サバシアは膝の故障から復帰したばかりで、今季マーリンズから加入し、チームトップの14勝と奮闘していたネイサン・イオバルディは肘の痛みで全治4週間の離脱が発表されている。

 その状況で田中は8日のオリオールズ戦に先発。8回1失点10奪三振と好投したものの、味方打線の援護がなく12勝目はならなかった。チームは9回に中継ぎ左腕シュリーブが決勝弾を浴びて1−2で敗戦。痛恨の1敗で、ア・リーグ東地区首位のブルージェイズとのゲーム差は「1・5」に開いてしまった。

 8日の試合後には、田中は「チームの勝ち頭が抜けるのは痛手だと思うが、1か月を切ったところでここまでイマイチなので、チームの中で大事なところでしっかり力を発揮してチームの勝利につながる投球をしていきたい」とも話し、奮起を誓っていた。

 終盤戦とプレーオフで、田中のピッチングがピンストライプの名門の行方を大きく左右しそうだ。