7月に電撃来日したキアヌ・リーヴスとくまモンの2ショット
 - (C)2010熊本県くまモン

写真拡大

 キアヌ・リーヴスがすご腕の元殺し屋を演じる新作アクション『ジョン・ウィック』を鑑賞した熊本県のゆるキャラ・くまモンが、興奮のあまり、キアヌに向けて異例のコメントを発表した。

 今年7月に、鈴鹿8時間耐久ロードレース開催に合わせて電撃来日したキアヌと2ショットを披露したこともあるくまモン。そのときの感動が冷めやらないのか、日本公開を10月16日に控えた同作をいち早く鑑賞したくまモンは、「やっぱりキアヌさんは、たいぎゃ武者んよか(※熊本弁でかっこいいの意味)モン! ボクも、キアヌさんみたいなよか男を目指してがんばるモーン!」と敬意たっぷりのコメントを律儀に写真も添えて寄せた。

 くまモン大絶賛のキアヌが新作で演じているのは、かつて伝説的な暗殺者として裏社会にその名をとどろかせていた男、ジョン・ウィック。ロシアン・マフィアに平穏な日々を壊されたジョンが、カンフーと銃(ガン)さばきを融合させた「ガンフー」で、マフィアたちを華麗に殺していく壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を描いた同作は、くまモンにとどまらず、ヒュー・ジャックマン、関根勤、高橋名人、具志堅用高といった各界のレジェンドたちからも称賛されている。

 メガホンを取ったのは、『マトリックス』シリーズなどでスタントやスタントコーディネーターを務めてきたチャド・スタエルスキ。『グランド・ブダペスト・ホテル』のウィレム・デフォー、『ヘラクレス』のイアン・マクシェーンといった実力派キャストが脇を固めている。本作を引っ提げ、9月下旬に再来日するキアヌに、くまモンは再会できるのかにも期待が高まる……? (編集部・石神恵美子)

映画『ジョン・ウィック』は10月16日よりTOHOシネマズ新宿ほか全国公開