『ピクセル』のゲームに参加した佐藤かよ

写真拡大

映画『ピクセル』の9月12日(土)の公開を記念して、映画を観ながらゲームバトルをするというイベントが、9月9日に新宿ピカデリーで開催。特別ゲストとして、格闘ゲーム好きの佐藤かよが、映画とスマホを連動させた格闘ゲームに参加し「面白かったです」と笑顔を見せた。

【写真を見る】コスプレしてきた佐藤かよの脚線美に注目!

佐藤は、『ピクセル』を観た感想について「私は格闘ゲームが大好きで、普段からゲームの大会にも出ているので、冒頭のシーンとかで熱くなり始めました。まるで規模が大きな大会を観ているようでした」と大興奮。

佐藤は、劇中のゲームのキャラクターについて「パックマンやドンキーコングは知ってました。ゲームが好きな私からすると、いまのゲームの先祖だから勉強になりました。上の世代からすると、懐かしい気持ちに浸れるのかなとも思いました」とコメント。

佐藤がトライしたのは、アプリをダウンロードしたスマホを使用すれば、『ピクセル』の映画本編のバトルシーンを体感できるというゲーム。劇中で地球を襲う80年代ゲームキャラクターたちを、自身のスマホ上で撃退できるという内容だ。

観客と共にゲームを体験した佐藤は「楽しかったです。映画を観ながらゲームをするのは初めての体験で、白熱したバトルで集中しちゃいました」とうれしそうに語った。

『ピクセル』は、パックマンにドンキーコング、スペースインベーダーなど、ゲームの人気キャラクターに変身した宇宙人が地球に襲来し、人類を恐怖に陥れるSFアクション。触れたものをブロック状にしてしまうという敵に、元ゲームオタクたちが戦いを挑む。『ハリー・ポッター』シリーズのクリス・コロンバスがメガホンをとった。【取材・文/山崎伸子】