ジョン・ハム

写真拡大

本国アメリカで今春、フィナーレを迎えた米AMCの『MAD MEN マッドメン』。同作で7年間にわたり主人公ドン・ドレイパーを演じたジョン・ハムが、長年のパートナーとして知られるジェニファー・ウェストフェルト(『24-TWENTY FOUR-』)と破局したことがわかった。米Us Weeklyなどが伝えている。

【関連特集】まもなくエミー賞! だから、今のうちに復習しておきたい「過去の受賞作は?」「授賞式では何があった?」 〜エミー賞の15年〜(後編)

1997年に共通の友人を通じて出会い、交際をスタートさせた二人は、これまで長年一緒に暮らし、レッドカーペットなど公の場にも揃って出席。結婚はしていないものの、事実上のパートナーだった。なお、俳優という特殊な仕事とのワークバランスを考慮し、子どもは持たないと決めていたそうで、二人の間に子どもはいない。

ジョンとジェニファーは、「大変悲しいことですが、18年にわたって愛し合い、これまで共に人生を歩んだ末、別れることを決意いたしました。今後は互いの人生が前進するよう、できる限り支え合っていくつもりです」との共同声明を発表している。

この春、アルコール依存症を克服するため、30日間の治療プログラムを終えたジョン。この頃に破局を噂されるも、二人はこれを否定するコメントを発表していた。ある関係者に近い人物は「ここ最近はけんかが絶えなかったが、それも今では収まった」と米US Weeklyに語ったという。

また、米Peopleによると、二人が最後に公の場に現れたのは、7月22日にニューヨークで行われた米Netflixのミニシリーズ『Wet Hot American Summer: First Day of Camp(原題)』のプレミアイベント。このアフターパーティで二人は抱き合ってキスしていたとの目撃談が伝えられていた。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・出演スター勢ぞろい、ニューヨークに『マッドメン』のベンチが設置される!『MAD MEN マッドメン』シーズン5、プレミアは主演ジョン・ハムが監督を兼任!『マッドメン』シーズン5の製作決定!ただし初回放送は2012年初旬にずれ込む