「牙狼 -紅蓮ノ月-」キービジュアル (C) 2015「紅蓮ノ月」 雨宮慶太 / 東北新社

写真拡大

 テレビアニメ「牙狼 -紅蓮ノ月-」の放送開始日が10月9日に決定した。同日深夜1時23分放送開始のテレビ東京を皮切りに、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビ北海道、テレビせとうち、TVQ九州放送でオンエア。16日午後8時15分にはBSスターチャンネル(BS10ch・無料放送)、24日午後8時25分にはCSチャンネル・ファミリー劇場でも放送を開始する。

 同作は「ゼイラム」で知られる雨宮慶太が2005年に手がけた特撮作品「牙狼<GARO>」シリーズを原作としたテレビアニメ版第2弾。平安時代を舞台に、人々を脅かす魔獣「ホラー」を討つ使命を帯びた「魔戒騎士」の中でも、最高位の称号「ガロ」を受け継ぐ者の戦いを描く。連続2クールで、半年間の放送を予定している。

 監督に「グイン・サーガ」の若林厚史を迎え、シリーズ構成を数々の特撮作品を手がけてきた會川昇と井上敏樹が担当。制作は「うしおととら」「神撃のバハムート GENESIS」のMAPPAと、東北新社が手がける。正式オープンしたばかりの公式サイトには、若林監督やMAPPA代表・丸山正雄氏らスタッフのコメントが寄せられている。

 また、メインキャラクターデザインは「ZETMAN」で知られ、「TIGER&BUNNY」のキャラクター原案とヒーローデザインも手がけた漫画家の桂正和が担当。メインキャラクターの姿が描かれた、桂による描き下ろしキービジュアルも公開されている。

 出演声優陣も発表され、「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のエドワード・エルリック役で知られる朴ろ美を筆頭に、「クレヨンしんちゃん」の矢島晶子、「ルパン三世」の浪川大輔、「PSYCHO-PASS サイコパス」の関智一、前作「牙狼<GARO>-炎の刻印-」にもヘルマン・ルイス役で出演した堀内賢雄ほか、実力派ぞろいの布陣となっている。