舞台挨拶で熱烈アピールした武田梨奈

写真拡大

 注目の若手女優たちが新鋭監督とタッグを組んだオムニバス映画「TOKYO CITY GIRL」が9月5日、東京・角川シネマ新宿で公開され、出演の武田梨奈、遠谷比芽子、比嘉梨乃、田中美晴、三浦萌、メガホンをとった原廣利、山口健人、山田智和、藤井道人、志真健太郎、山田能龍が舞台挨拶に出席した。

 「東京の雑踏で懸命に生きる女の子」をテーマに、風変わりな親子・男女関係にまつわる6つの物語が紡がれた。武田はエピソード6「KOENJI 夢の寿命」で、風俗店で働きながら女優の夢を追う女性を熱演。「前田公輝くん演じる彼氏のムカつきっぷりや、『ガキ使』でキスおばさんをしている浅見千代子さんに中空き(空き時間)の時にキスされたりとか、撮影以外でも本当に濃くて、愛情たっぷりでした」と撮影を振り返り、「監督の皆さんが、自分の監督作ではない時にも助監督をされていたり、ぜい沢な現場でした」とにこやかに語っていた。

 また武田は、今作の別エピソードのオーディションにも参加していたそうで、「残念ながら落ちてしまいました」と告白。それでも、「この作品にどうしても関わりたいと思っていた時に、山田(能)監督がなぜか呼んでくださいました」と出演経緯を明かし、「呼んでいただけなければこの作品に関われなかったので、ここに立てて幸せです。ありがとうございます」と感謝をにじませた。

 そして、締めの一言を求められると「この作品は、私たち女子6人の目線で描いた映画ですが、実はフタを開けてみると、関わっている彼氏だったり家族だったり、いろんな人たちの目線でも見られる作品です」と映画をアピール。さらに、観客に対し「宣伝費とかがあまりないので、やっぱり皆さんの力がすごく必要です。一言でもいいので、『TOKYO CITY GIRL』とつぶやいてもらえると嬉しいです」とリクエストし、「私の悪口でも全然受けつけます! 賛否両論、良いこと悪いこと含め(反応を)見たいので、ぜひ今日からいっぱい書いてください!」と力強く呼びかけていた。