【魚焼きグリル不要】さんまの塩焼きは「フライパン」が便利!

写真拡大 (全4枚)

さんまの塩焼きも、フライパンなら手軽!

さんまのおいしい季節がやってきました!旬のこの時期、脂ののったさんまの塩焼きを食べるのは、秋の口福の1つですね。でも、「グリルを洗うのが面倒…」「そもそも家に魚焼きグリルがない」などといった理由で、なかなか挑戦できない人もいるのでは?そこで提案!クックパッドに投稿されているレシピを参考に、フライパンでふっくら、パリパリとしたさんまの塩焼きを作ってみませんか?


フライパンひとつで香ばしいさんまが焼けた!

フライパンで焼けば、洗い物の手間もはぶけて、後片付けもラクですよね。さっそく、作ってみましょう。


▼基本になるレシピは、こちら▼


フライパンでふっくら!さんまの塩焼き

by *maa*

←今から焼きます!お酒をちょっとふって蓋をして焼けば、ふっくらジューシーに焼けます!


身に飾り包丁を入れ、両面に塩をまんべんなく振る。

火をつける前に、お酒をふりかけて、蓋をして焼けばふっくら♪


ふっくらするコツはお酒

お酒を1尾につき大さじ1をふりかけて焼くのがふっくら仕上げるコツです。

フライパンで簡単に焼けることがわかったら、今すぐにでも食べたくなりますよね。もう、気持ちは“さんま”でいっぱい♪スーパーでさんまをゲットして、大根おろしもちょこんと添えて、秋の味覚を楽しんでくださいね♪