染谷将太、女装が2年前より劣化した!?

写真拡大

園子温監督、染谷将太主演の深夜ドラマを映画化した『映画 みんな!エスパーだよ!』の初日舞台挨拶が、9月4日にTOHOシネマズ新宿で開催。染谷将太、池田エライザ、真野恵里菜、マキタスポーツ、深水元基、柾木玲弥、高橋メアリージュン、神楽坂恵、安田顕、園監督が舞台挨拶に登壇した。主演の染谷は「こんなにおバカなことを一生懸命やり続けたのは人生で初めてです」と笑顔を見せた。

【写真を見る】高橋メアリージュンはセクシーなドレスで美脚をアピール

染谷は、撮影でいちばん悔しかったことについて「映画で女装をしてるんですが、実は連ドラの時も1回していまして。約2年経ってますが、マキタさんから『2年前の方がイケけた』と言われて」とぼやく。マキタに「劣化してたんです」と言われると、染谷は「残念だと言われて悔しかったです」と恨み節。

染谷と共にドラマから続投の真野は「ハロプロを卒業し、いちばん最初にいただいたお仕事がこれで、正面からぶつかっていきましたが、フタを開けると、パンチラとかが広まって悔しいなとも思ったけど、こうして劇場公開を迎えて、今がいちばん良かったなと思っています」と感無量だった。

マキタは、マイペースすぎる安田に「安田さんは、撮影終わって食事に誘っても断るんです。相当ストイックな方だと思いきや、ひとりで居酒屋に行ってたんです。そしたら翌日お腹をくだしてて」と笑いながらブーイング。安田は「撮影をストップして、おトイレに行っちゃった」と恐縮し、会場は大爆笑。

今回、『みんな!エスパーだよ!』を卒業として、池田と真野が、染谷が着ていた制服のボタンを取ることに。真野が「ボタン、初めてもらいました。でも、自分でひきちぎるとは思わなかった」と笑うと、池田は「けっこう気持ち良い音がしました」とコメント。染谷は「意外と、粛々と行われたなと」と言って、会場の笑いを取った。

『映画 みんな!エスパーだよ!』の原作は若杉公徳の人気コミック。愛知県東三河を舞台に、突如、超能力に目覚めた平凡な高校生・鴨川嘉郎(染谷将太)と、彼を取り巻くエスパーたちとの戦いと友情をコミカルに描くお色気青春映画となっている。【取材・文/山崎伸子】