気高き騎士たちの戦いが始まる (C)2015 Luka Productions.

写真拡大

 名優クライブ・オーウェン、モーガン・フリーマンが共演した紀里谷和明監督のハリウッドデビュー作「ラスト・ナイツ」の予告編が、このほど公開された。紀里谷監督自ら手がけた映像で、誇り高き騎士の姿を映し出すとともに「あなたを守ってくれるのは誰ですか。戦ってくれるのは誰ですか。側にいてくれるのは誰ですか。もしあなたが消えてなくなったとして、ずっと思い続けてくれる人は誰ですか」とメッセージを投げかけている。

 紀里谷監督が、構想から5年をかけて完成させたヒューマンドラマ。政治が堕落した封建的な帝国を舞台に、主君の不当な死に報いるため、忠誠を誓った騎士たちが強欲非道な悪徳大臣への復しゅうに動く。

 瞳の奥で静かに思いを燃やす騎士団隊長ライデン(オーウェン)、権力に屈することなく死に臨む高潔な領主バルトーク卿(フリーマン)、欲にまみれた大臣ギザモット(アクセル・ヘニー)。予告編は、ベートーべンの「ピアノソナタ第14番『月光』」の美しい旋律に乗せ、男たちが交わした約束と絆が重厚な映像で刻まれていく。

紀里谷監督は、「零下20度に及ぶ極寒の地での非常に困難な撮影を経て『ラスト・ナイツ』は生まれました。この作品を信じ続けてくれたキャストやスタッフのたゆまぬ努力に、そして、彼らの思いを代表して、この予告編を皆様に届けさせていただける光栄に心から感謝いたします」とコメントを寄せている。

 「ラスト・ナイツ」は、11月14日から全国で公開。日本のほかアメリカをはじめとした30カ国以上での公開が決定している。