「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 (C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

写真拡大

 人気シリーズの最新作「スター・トレック ビヨンド」がカナダで撮影されるなか、「スター・トレック」を題材としたアマチュア映画の製作が進行中であるとThe Wrapが報じた。

 米クラウドファンディングサイトのキックスターターとIndiegogoで、「Star Trek: Axanar」と題されたアマチュア映画企画が、合わせて113万ドルの調達に成功。熱狂的なファンの多い「スター・トレック」にはファン・フィクションやファン映画が数多く存在するが、同作はこれまでで最大規模となりそうだ。

 気になるのは、権利を所有するCBSとパラマウント・ピクチャーズの対応だ。7月、20世紀フォックスは「エイリアン」を題材にしたファン映画の製作を差し止めているが、両社は現時点で法的措置を取る構えをみせていない。ファンが自主的に製作した小説や映画はパブリシティ効果が見込めるため、「Star Trek: Axanar」で収益を得ないかぎりは黙認する構えのようだ。

 なお、本家の最新作「スター・トレック ビヨンド」は、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の続編。2016年7月8日の全米公開を予定している。