写真提供:マイナビニュース

写真拡大

『スター・ウォーズ』シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)の関連商品が4日、発売開始を迎え、都内の3店舗で行われたカウントダウンイベントに多くのファンが詰めかけた。

カウントダウンイベントは世界各地で実施され、日本では代官山 蔦屋書店、トイザらス・ベビーザらス 池袋サンシャインシティ店、渋谷ロフトの3店舗で開催。代官山 蔦屋書店では、3Dプリンタで精緻に再現された蔦屋書店限定発売のDEATH STAR II STAND LIGHTや、最新作に登場する新ドロイドBB-8のアプリ制御可能な玩具といった新商品がお披露目された。イベントにはファン約300人が集結し、ストームトルーパーも駆けつけた。

代官山 蔦屋書店では、8月29日より「Star Wars Ready for NewAdventure」と題した全館フェアも開催中。クリエイティブディレクター・NIGO氏のコレクション展示のほか、海外で活躍するルーカスフィルム公認アーティストTSUNEO SANDA氏のアートプリント、さらに、R2-D2、C-3POをはじめとした15種の貴重なヴィンテージフィギュアといった歴代スター・ウォーズ関連商品も展示・販売されている。

トイザらス・ベビーザらス 池袋サンシャインシティ店では、9月4日00:01から02:00まで特別営業を実施。会場には14時から行列ができ、コスプレしたファンを含む約300人が集まった。1/4スケールのダース・ベイダーのインタラクティブフィギュア、先行販売されたカイロ・レンのライトセーバーが登場したほか、大型ジオラマ展示や、特大サイズのヨーダとダース・ベイダーを作るレゴブロックの制作体験イベントも開催。カウントダウンでは、店外の特設ステージのストームトルーパーと共に発売開始を祝った。

そして、渋谷ロフトでは、9月4日00:01から04:30まで限定営業となる「スター・ウォーズフォースフライデーイベント」を開催。「スター・ウォーズ グッズコレクション スペシャルショップ」には、ステーショナリー・携帯関連グッズやバッグ・Tシャツなどの300種類以上の新スター・ウォーズ関連商品が並び、歴代のスター・ウォーズ関連グッズも約1200種類お目見え。こちらもストームトルーパーがカウントダウンを盛り上げた。

また、3日には、スター・ウォーズ公式YouTubeチャンネルにて、世界15都市をつなぐ発売記念ライブストリーミング番組が18時間生中継され、いち早く商品を紹介。日本では、11:00より10分間、MCダンテ・カーヴァーとYouTuberのアインシャインが番組を盛り上げ、Jakks Pacific社の31インチフィギュア ストームトルーパー(9,000円/発売中)、31インチフィギュア カイロ・レン(9,000円/発売中)、48インチフィギュア ストームトルーパー(19,800円/国内では11月下旬発売予定)が、日本から世界初お披露目された。

(C)Lucasfilm Ltd.