9月2日に51歳の誕生日を迎えたばかりのキアヌ・リーブス/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

“ヴァンパイア”の異名を持つキアヌ・リーブスの若々しさが、またもや話題になっている。

【写真を見る】約12年前、2003年頃のキアヌ。ほとんど変わっていない?/写真:SPLASH/アフロ

過去に太りすぎで劣化ぶりが指摘されたこともあるキアヌ。しかしデイリー・メール紙は、9月2日に51歳の誕生日を迎えたばかりのキアヌが、グレーのスーツに身を包んでロサンゼルスの空港に降り立った際の写真を掲載し、「少々お疲れの様子だが、すっかりスリムになったにも関わらず顔にはほとんどシワは見られない。51歳とは思えない若さを保っている」と、驚きを持って伝えている。

昔のキアヌの写真や歴史上の人物に差し替えたファンが作ったコラ画を見れば、もちろん若かりし頃のキアヌの美しさは今とは比べ物にならないが、ボトックスなどをしていないとすれば、同年齢のブラッド・ピットやジョニー・デップ、そして美容に気を使っていて若々しいトム・クルーズなどと比べても、驚きの若さを保っていると言えそうで、ネットユーザーからも同様の声が挙がっている。

今年7月25、26日に開催された鈴鹿8時間耐久ロードレースに電撃的に姿を現してファンを驚かせたばかりのキアヌだが、主演作『ジョン・ウィック』(10月16日、日本公開)のプロモーションのために来日することが決定。9月30日に行われるジャパンプレミアに、出席する予定だという。【NY在住/JUNKO】