ザッカリー・リーヴァイ

写真拡大

オタク青年が、スパイとして活躍するオタクコメディドラマ『CHUCK/チャック』で、主役を演じてブレイクしたザッカリー・リーヴァイ。ジョシュ・ラドナー(『ママと恋に落ちるまで』)が主演するはずだった舞台『She Loves Me(原題)』に、ザッカリーが代打で登板することが明らかとなった。米BROADWAY.COMが報じている。

【関連記事】「チャックがいいヤツだったことに感謝しているよ!」『CHUCK/チャック』ザッカリー・リーヴァイに突撃!

ニコラス・ラズロの戯曲を下敷きにした『She Loves Me』は、1940年にジェームズ・スチュアート主演で『街角/桃色の店』とのタイトルで、映画化もされたラブストーリー。香水ショップで働くジョージとマリアは職場でウマが合わないものの、実は二人が匿名でやり取りしていた文通相手だったことが判明。お互いに手紙で恋心を抱き始めていた二人が、現実の世界で果たしてハッピーエンドを迎えられるのだろうか・・・!?と、コメディタッチで綴られる作品だ。

ジョシュは、他の仕事とのスケジュールの折り合いがつかずに、本作を降板せざるを得なくなったとのこと。ザッカリーは、2013年にミュージカル『ファースト・デート』でブロードウェイデビューを果たし、クリスタ・ロドリゲス(『SMASH』)と共演。ディズニーアニメ映画『塔の上のラプンツェル』(2010年公開)で、フリン・ライダー役の声優を務めた彼は、ラプンツェル役のマンディ・ムーアと主題歌「I see the light」をデュエットし、素晴らしい歌声を披露している。

スコット・エリスが演出する『She Loves Me』は、スタジオ54にて2016年2月5日(金)よりプレビュー公演が開始し、3月3日(木)に開幕する本公演は5月22日(日)まで上演される予定。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『CHUCK』ザッカリー・リーヴァイ、映画版『CHUCK』をやる気満々!『CHUCK/チャック』ザッカリー・リーヴァイがブロードウェイデビュー!『チャック』シーズン4にゲスト出演のリンダ・ハミルトン、シーズン5に再登場。レギュラーを熱望する!