マイリー・サイラス

写真拡大

8月30日、米MTV主催の音楽イベントVideo Music Awards(以下、VMA)の授賞式がカリフォルニア州ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで行われた。今年のホストはマイリー・サイラス。ということで、お約束となりつつある度胆を抜く超過激衣装で話題沸騰!となったのだが、肝心の視聴率は、前年度よりダウンという残念な結果になっていたことがわかった。米Entertainment Weeklyが伝えている。

【関連コラム】アメリカドラマの運命を左右する「視聴率」のミカタ<前編>

ホストという大役だけでなく、自身のパフォーマンスも披露し、番組を最初から最後まで引っ張ったマイリー。次々と惜しみなく(?)露出度全開の衣装に着替えては、話題を呼んだ。ちなみに、中でも強烈なインパクトを与えた衣装は、乳首と局部をカラフルなマカロンで隠しただけの、ほぼ全裸のようなもの。同サイトほか多くの主要現地メディアが、その衣装の彼女の写真を載せて報じている。

そんな話題沸騰となったマイリー司会のVMAだったが、MTVによると、同番組の視聴者数は米メディア・コングロマリットのバイアコムが所有する10のネットワークの合計で980万人。これは2014年に比べて5%減、2013年からみると18%もダウンしたという。

その一方でオンラインでの視聴者数は大幅に増加。こちらは前年に比べると約1.5倍の視聴者数となっているとMTVは主張している。

加えて、マイリーの過激な衣装などが注目を集め、ソーシャルメディア上でも話題を独占。当夜の番組に関するツイート数は、全米で毎年最高視聴率を誇るスーパーボウルを除けば最多のツイート数が記録され、その合計は2140万ツイートに上ったという。

ただし、最高瞬間視聴率ならぬ、最高瞬間ツイート数を記録したのはカニエ・ウェスト。特別賞(Michael Jackson Video Vanguard Award)を獲得した彼が「2020年の大統領選に出馬する」とのトンデモスピーチを行った時で、マイリーの面目躍如とはならなかったようだ。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・マイリー・サイラスがステージに復帰! ドラッグ過剰摂取のウワサを一蹴パトリック・シュワルツェネッガー、日本映画のリメイクでベラ・ソーンの相手役に抜擢!シングルに戻ったマイリー・サイラス、「男のマッチョなエネルギーが好きじゃない!」と語る